作りみ

全て 名詞
10 の例文 (0.00 秒)
  • 京の家の作りみがいた庭にもこんな趣きは見がたいものであるがと薫は思った。 ...
  • 二条の院と言って作りみがかれ、六条院の春の御殿と言って地上の極楽のように言われた玉のうてなもただ一人の女性の子孫のためになされたものであったかと見えて、明石あかし夫人は幾人もの宮様がたのお世話をして幸福に暮らしていた。
  • 生き残った騎士たちは、陣を荷車で囲んで即席の要塞を作り身を守ろうとした。 ...
  • かつての関西では、原則としてタイなどの海の物に限られているが、魚を切る事を「作り身」といい、それに接頭語を付けた「お造り」という言葉がうまれた。 ...
  • あそこの小作は丸小作みてえのが多く、家から牛から鋤鍬のはてまで地主のものといふのがあんのだから。 ...
  • こうして江戸料理も次第に一つの形式をとりはじめるのであるが、天保以前には、口取肴くちとりざかな硯蓋すずりぶたにたくさんきれいに積み重ねて台にのせ、鯛は作り身でも焼物でも尾頭おかしらつきで大皿に入れ、つまヽヽ物をあしらって飾りつけして座敷へ持ち出し、客の前で取り分けをしたという。 ...
  • 「ダーク・シュナイダー」に狙われ塔を作り身を守る。 ...
  • 全6作品のクレジットタイトルの表記は、 『新 影の軍団』と『II』、『III』と『IV』の組み合わせでストーリーがまとまり、『V』と『最終章』は独立した物語となっており、全作みな誰が敵で誰が味方か探るような展開がされていく。 ...
  • 関西をはじめ、南日本では、ホシガレイ、メイタガレイが多く、ホシガレイの作り身は、ひとによっては、ヒラメよりうまいといいます。 ...