作りなおさ

20 の用例 (0.00 秒)
  • 余裕ありそうだったら作りなおすことにするから、そのときは電話する。 角田光代『対岸の彼女』より引用
  • この民衆運動によって、日本の社会は一度作りなおされたのである。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • これほどの変化に対応するには、システムを作りなおすほかない。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 何度条件を作りなおしても、ただの一度もアレが傷を負う姿さえ思いつかない。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 彼はこの車をレース用に作りなおし、フランスで華々しく行なわれた自動車レースに出場したのだ。 桐生操『黒魔術白魔術』より引用
  • つまり、一九四七年、昭和二十二年に出た本を、新版として作りなおしたものだろう。 星新一『きまぐれ学問所』より引用
  • この娘と母親の二人が相談して、赤ん坊の揺籃ゆりかごを私の寝床に作りなおしてくれました。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • 現在のレンスク市街は、洪水後にほぼ完全に作りなおされた街並みである。
  • すると雨がふって、このほこりをまた土に作りなおしてしまった。 ユゴー/榊原晃三訳『九十三年』より引用
  • 資本主義を作りなおさなければ、まさに庶民階級そのものが危うくなるだろう。
  • そこで肉汁は細心の注意と手順とでまた初めからディ・ノゥヴォ作りなおさなければならなかった。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(上)』より引用
  • それから近くのおかし屋へ行って、そのもちを別の形のおかしに作りなおしてもらいました。 坪田譲治『日本むかしばなし集 2』より引用
  • 家にもどるとすぐに手帖てちようを作りなおし、今度は充分に気を付けながら巡邏じゆんらに出掛けた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • 審判の日がすぎれば、あとはわれわれの自由に、すべてが作りなおしできるのだ。 星新一『なりそこない王子』より引用
  • 私を殺して歴史を作りなおしたとしても、その超能力を生み出す必然性はもっとずっと昔から人類の歴史の中にあるわけじゃない! 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • それなのに、朝起きて見ると、もう蜘蛛は自分の巣を新しく作りなおしていたのです。 泡坂妻夫『亜愛一郎の転倒 (亜愛一郎シリーズ2)』より引用
  • いま彼らが言うその変化とは、これまでのものがほとんど機能しなくなっている事実に全面的に対応すること、つまり国の作りなおしであるはずだが、大衆はまだそこまでは気づいていなかったようだ。 片岡義男『日本語の外へ(上)』より引用
  • 片柳はふざけて、二人のコートをわざわざ向い合って抱き合った形に作りなおした。 勝目梓『媚薬』より引用
  • 住宅や家具は全部作りなおさなければならなくなり、家を木と紙で作っておけばよかったと後悔する。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • 風化しやすい岩石なのだが、ある期間たつと作りなおすのか、できたてといった感じである。 星新一『きまぐれ体験紀行』より引用