作り

全て 動詞 名詞
23,955 の用例 (0.01 秒)
  • 彼らは自分の仕事に不満か満足のいずれかを味いつつ作り捨てていった。 坂口安吾『飛騨の顔』より引用
  • あなたはもしお兄さまにお会いになりたいなら、花の鎖をお作りなさい。 夢野久作『ルルとミミ』より引用
  • 私は娘で、東京はずれの親の家の茶室ちゃしつ作りの中二階に住んでいた頃である。 岡本かの子『桃のある風景』より引用
  • 御米はいかな場合にも夫の前に忘れなかった笑顔さえ作り得なかった。 夏目漱石『門』より引用
  • 人間は技術によって新しい環境を作りつつ自己を新たにするのである。 三木清『哲学入門』より引用
  • 二人が二人だけの場所と時とを作り得たとき、それがはじめてわかつた。 岸田国士『山形屋の青春』より引用
  • そこでこの樹を切つて船に作りましたところ、非常にはやく行く船でした。 稗田阿礼『古事記』より引用
  • 残る下歯六枚については、余り多くの思い出を作りたくないものである。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • それでも好きな本や雑誌作りにかかわっていることには充実感があった。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 彼女の体の作りとその動きを、いまはカウンターの外の彼だけが見ていた。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • この半導体作りというやつは、製造よりはむしろ印刷のイメージに近い。 富田倫生『青空のリスタート』より引用
  • お君は、久しぶりで会った人に、涙を見せまいとして元気を作りました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 野菜の料理を彼女は要領良く作り、ふたりはそれを食べてお茶を飲んだ。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • またプラチナで作りましてもたいてい想像が出来るだろうと思います。 北大路魯山人『古陶磁の価値』より引用
  • 蟻はその身長一分に過ぎざるに、なお高さ三丈の巣を作りてこれに住す。 井上円了『南半球五万哩』より引用
  • 私は強いて笑いを作りながら彼の肩を後からそっと抱いてやった。 金史良『光の中に』より引用
  • あの時、僕は君に、一体僕は子供を作り得るかどうかをきいたはずだ。 浜尾四郎『黄昏の告白』より引用
  • それが明治に成つて見ると歌を作り俳句を作るといふ者も沢山出来て来た。 正岡子規『病牀六尺』より引用
  • そして兄樣が高い所に田を作つたら、あなたは低い所に田をお作りなさい。 稗田阿礼『古事記』より引用
  • 十分に豊かな学生の中からも、書士に本作りを依頼する者が出始めました。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 次へ »