余は毫も

4 の用例 (0.00 秒)
  • 余は毫も君に材料を与へざるのみかかへつて君の説明によりて歴史上の事実を教へられし事少からず。 正岡子規『墨汁一滴』より引用
  • そうして余はごうも二人の災難を知らずに、遠い温泉でゆの村に雲とけぶりと、雨の糸をながめ暮らしていた。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • そうして余はごうも二人の災難を知らずに、遠い温泉でゆの村に雲とけぶりと、雨の糸を眺め暮していた。 夏目漱石『思い出す事など』より引用
  • の歌を見るに、余はごうもこの歌に感動せられざるのみならず、なかなかに浅薄拙劣なるを見る。 正岡子規『人々に答ふ』より引用