何等の先入

6 の用例 (0.00 秒)
  • 何等の先入見もない新らしい眼で見るということは、作家にとって最も必要なことである。 豊島与志雄『現代小説展望』より引用
  • 何等の先入主に成ったものをもたなかった彼に取っては、殆ど応接するにいとまの無いようなこの新天地の眺望ちょうぼうほど旅の不自由を忘れさせるものはなかった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 何等の先入見もない小児のような眼で眺めることだ。 豊島与志雄『現代小説展望』より引用
  • ここで注意を要するのは、何等の先入見にも囚われない白紙的な眼で観察するのは、対象の個性を掴むのを目的とするということである。 豊島与志雄『現代小説展望』より引用
  • しかしまた何等の先入見なしに、ただ自分の感覚だけをたよりに見聞して来た場所が、後になって例えば万葉集の歌枕であると分ったような時に、その場所が一層懐かしくなることはある。 福永武彦『第二随筆集 遠くのこだま』より引用
  • そこには何等の先入的僻見へきけんがない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用