何等かの方法

31 の用例 (0.00 秒)
  • 君が曲馬団に居るとすれば、お母さんが何等かの方法で会いに来ない筈はない。 夢野久作『暗黒公使』より引用
  • つまり、その拳銃は何等なんらかの方法で、酋長が盗んでおいたのでしょう。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • もし何等かの方法でこの線を突破されたら、あとが無いんです。 天藤真『大誘拐』より引用
  • 既に何等かの方法で小笠原とかなしいとが連絡をつけていたのだと豊城は誤解しているようであった。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • だから社会主義社会にも競争心理を持ち込めるように、何等かの方法を考えなければならないという提案に行き着くのである。
  • あなたが何等かの方法でご覧になったという、その電報です。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • その定見は、何等かの方法で、早晩われわれの前に提示されることであらう。 岸田国士『文学か戯曲か』より引用
  • 一、死者ししや矢張やは霊界れいかいいきるならば、彼等かれら何等なにらかの方法はうはふもちゐてなりと吾々われわれをしへてれさうなものだとひとがある。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 18 20080623』より引用
  • もしお前がここへ来てくれて、ジョンストンハウスへ投宿するなら自分は何等かの方法で、お前に会う手段を講ずるつもりである。 ドイル・アーサー・コナン『臨時急行列車の紛失』より引用
  • 固着性というのは、何等かの方法で、生物の体が基盤上にくっつき、少なくとも簡単に移動できないような状態でその位置を固定され、移動せずに生活する性質のことを言う。
  • それから今一つは、その文化向上のプライドを何等なんらかの方法に依って標示したいという内的の刺激からこんな風に発達して来たものである。 夢野久作『鼻の表現』より引用
  • 私は、物理の先生が、Fが、先生の理解しかねる何等かの方法で、この定理を証明したにちがいないと信じるに至ったのであろうと思う。 なだいなだ『クレージイ・ドクターの回想』より引用
  • 本土上陸作戦を行なわずに、日本軍の無条件降伏と日本の戦争力の永久的破壊とに等しい結果をもたらす何等かの方法が他にありとせば試みる価値がある。 角田房子『一死、大罪を謝す』より引用
  • 互いに対立する学説の中から、何等かの方法で両方の短所を捨て長所だけを生かすことによって、新しい学説ができるのがむしろ普通なのであります。 湯川秀樹『創造的人間』より引用
  • サンテ監獄にあっては特に警視総監の注意によって囚人とルパンとの間に何等かの方法で通信の行われる事を恐れて、最新かつ厳重な警戒をする事にした。 ルブラン・モーリス『水晶の栓』より引用
  • 元司は何等かの方法でそのキイを手に入れ、そのキイを使って車のドアを開け、車の中に毒ガス発生物質を置いたものと思われますが、それは単に丸いクッションの下に押し込んだだけのようです。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 自分たちが、稽古を終るまで、師匠は生きていられた、という事を何等かの方法で証明することが出来れば、自分達は絶対に安全だ、と単純に、考えていられたのでございましょう。 酒井嘉七『ながうた勧進帳』より引用
  • うした場合ばあいにはかならず何等なんらかの方法ほうほう報知しらせがありますもので、それはぬるひと思念おもいつたわる場合ばあいもあれば、又神様またかみさまからとくらせていただ場合ばあいもあります。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • 何等かの方法によって補給の道が確保されない限り、いまや、すべての面で手づまりとなり、窮迫しつつあった。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • つまり、今年のうちにそれぞれの個体を何等かの方法でそれ以外の個体から識別する手だてを講じて、来年のペアがそれと同じ個体かどうかを確かめる必要がある。
  • 次へ »