何時のまにか

全て 副詞
42 の用例 (0.00 秒)
  • 更に祈祷いのりを捧げているうちに、何時のまにか死が逃げてしまったのです。 豊島与志雄『湖水と彼等』より引用
  • 何の苦悶もなく、何時のまにか、呼吸が絶えたという感じの死であった。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • 数年前ひっそりと何時いつのまにか別れてしまった男のことだろうか。 森瑤子『風物語』より引用
  • 突然彼れは寒さを顏に覺えて何時のまにか陷つた假睡から眼をさました。 有島武郎『潮霧』より引用
  • 外をみると、何時のまにか、もう例の大浸水地帯の上にさしかゝつてゐる。 岸田国士『北支物情』より引用
  • 何時のまにか、そういうものが自分の身につき、更に洗練されていく。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • 二人ふたりは何時のまにか医者の家の前まで来てしまった。 豊島与志雄『生あらば』より引用
  • 執拗な沈黙と孤独とが、何時のまにか彼女のまわりにたれ籠めていったのである。 豊島与志雄『囚われ』より引用
  • 何時のまにか彼等の心のうちに根を張っていた光子の死の予感が、あらわに姿を示した。 豊島与志雄『生あらば』より引用
  • とにかく彼は何時いつのまにか上野駅に来ていた。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • そして何時のまにか私達は、彼女の家の方へ戻ってゆき、その前を通り越してなお歩き続けた。 豊島与志雄『未来の天才』より引用
  • そして今、たくさんの女たちが、自分たちの性が、より多くの能力を何時のまにか学んでしまっていることに気づいている。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • それは編集長の岡倉のまねが何時いつのまにかうつったにちがいない。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • これも五日間、退屈な印度洋を通りすぎている間に何時いつのまにか覚えてしまったことなのである。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • 男たちは何時のまにか、威厳のある低音で喋りはじめている、という。 森瑤子『別れの予感』より引用
  • 然し私達の間には冷たい垣が何時のまにか出来ていた。 豊島与志雄『運命のままに』より引用
  • 何時のまにか彼のまわりに大勢の人が集った。 豊島与志雄『少年の死』より引用
  • 何時のまにか、源吉は普通の速さにかへつてゐた。 小林多喜二『防雪林』より引用
  • すると、驚いたことには何時のまにかもう、さっきのソフト帽の男が玄関に待っていて、わたしたちが馬車を出るや否や、荷物に手をかけた。 宮本百合子『ワルシャワのメーデー』より引用
  • わたしは何時のまにかプラツトホオムへ降りて居ました。 与謝野晶子『戸の外まで』より引用
  • 次へ »