何時しか

全て 副詞
155 の用例 (0.00 秒)
  • 例えば私がこの机を推している、何時いつしかこの机と共に落ちたとします。 夏目漱石『教育と文芸』より引用
  • 成人すると張承から、何時しか自分と同じ職に就くだろうと評価された。
  • 気に染まぬうちに何時しか卯八の足は峰吉の家に向けられているのだ。 井上光晴『丸山蘭水楼の遊女たち』より引用
  • 岩の上には、何時いつしか、娘の姿が消えていて、ただ薬瓶くすりびんのみがあるばかり。 水野葉舟『テレパシー』より引用
  • それから今大正十二年十二月まで何時しか十年余の月日が立ちました。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • 何時しか雨もやみ庭には虫の声が無数の銀鈴の如く響いている。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • 列車の揺れに身をまかせているうちに、何時しか子供の頃のことがよみがえってくる。 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』より引用
  • しょうの両頬には何時いつしか涙が静かに流れている。 国木田独歩『恋を恋する人』より引用
  • 次々と新しい世代の格闘家達や大会が現れ、何時しか九十九の名を知る者も限られる様になっていた。
  • それが何時しか此の上に盛土もりつちが出来て塚を造りはじめたのである。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 09 阿波・土佐・伊予・讃岐』より引用
  • 私共はなお西へ西へと旅をつづけ、何時しか世界を一周して、大正九年の三月日本に帰って来ました。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • それから二人の会話が何時しか西郷と勝の江戸城ゆずり渡しの事に及んで来た。 中里介山『百姓弥之助の話』より引用
  • 何時しか詩と私とは他人同志のやうになつてゐた。 石川啄木『弓町より』より引用
  • 僕は何時しか先生の病体と云ふことをも忘れ、朱檀の小卓を叩いて先生に迫つた。 木下尚江『自由の使徒・島田三郎』より引用
  • 何時しか日はとっぷりとくれ、しかも道幅がどんどん狭くなってきた。
  • と、彼女は何時しか此のこつを覚えてその八百屋でばかり青物を買うようになった。 細井和喜蔵『モルモット』より引用
  • そして何時いつしか私は、ひとりぼつちであらうとする誓約を忘れてしまつたのであらうか。 嘉村礒多『途上』より引用
  • 何時しかおのが宿の前まで来たのだ。 石川啄木『鳥影』より引用
  • 何時しか己が宿の前まで來たのだ。 石川啄木『鳥影』より引用
  • こんな風で何時いつしか秋のなかばとなった。 国木田独歩『富岡先生』より引用
  • 次へ »