何故か私

46 の用例 (0.00 秒)
  • それは何故か私が迎えられるにはふさわしい光景のようにも思われました。 石原慎太郎『生還』より引用
  • 何故か私たちは本心では好きなものを口で嘲罵することにふけっている。 開高健『青い月曜日』より引用
  • と、何故か私の視線を遁れるやうに、婦人は直ぐに眼を伏せてしまつた。 南部修太郎『ハルピンの一夜』より引用
  • それまでどんな場所に一緒にいても何故か私と彼はひとくくりに思われていなかった。 内田春菊『息子の唇』より引用
  • 山村の真新しい工場に下っていたシャンデリアが何故か私の頭をよぎる。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • そしてそれは何故か私の額の上に刻まれたもののような印象を与えて今日に及んでいるのである。 宮本百合子『女靴の跡』より引用
  • だが何故か私はそのロバに何の好感も持つことができなかった。
  • 何故か私達はマコトさん夫婦とすっかり仲良しになってしまった。 佐野洋子『神も仏もありませぬ』より引用
  • 自分の身の上について話した時、彼女がいい添えたその話が何故か私には印象的でした。 石原慎太郎『生還』より引用
  • 何故か私は、下の名前で呼ばれることがほとんどない。 入間人間『電波女と青春男 第04巻』より引用
  • あツ、水があつたのかと気づいたが、何故か私は一向に驚きもしないのが吾ながら不思議であつた。 牧野信一『天狗洞食客記』より引用
  • 何故か私はあまり見ませんでした。 高田文夫『正しい団塊の世代白書』より引用
  • その谷の眺めは、少年時から、何故なぜか私の気に入って、汽車がそこを通る度に、必ず窓外に眼を放ったものである。 大岡昇平『野火』より引用
  • が、彼女は何故なぜか私の顔をその時見た。 小林多喜二『党生活者』より引用
  • 何故か私の横に山から下りてきた卑小ひしょうな猿がいて、私の分の具材をバシバシ食ってしまってね。 川上稔『AHEADシリーズ 04 終わりのクロニクル②〈下〉』より引用
  • 鏡の前にすわると、美容師さんの後で、年配の婦人が何故か私をじっと見つめ、やがて目の前の鏡の枠の外へ姿を消した。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • けれど、何故か私の方は、彼に新しい住所や近況の報告をすることをすっかり失念してしまっていた。 綾辻行人『人形館の殺人』より引用
  • だが、何故か私はそれを読み落してしまっていた。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • 何故か私はそう思っていた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 駄目だ、と言おうとしたが、何故か私は息を呑んでしまった。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • 次へ »