何故か目

11 の用例 (0.00 秒)
  • ゆっくり朝寝坊あさねぼうするつもりだったのだが、何故なぜか目がめてしまった。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • そして前髪まえがみの間から窺い見た佐山は、何故か目に笑みを浮かべていた。 川上稔『AHEADシリーズ 03 終わりのクロニクル②〈上〉』より引用
  • 朋子、何故なぜか目であたりを見廻しながら、不自然なほど大きい声で言う。 向田邦子『家族熱』より引用
  • 大抵は片目を隠す物だが、ケンのものは、何故か目ではなく鼻から下を隠す。
  • 暦は何故か目をらし、かなり遅れてそう答えた。 平坂読『ラノベ部 第2巻』より引用
  • 大きく体をくねらせた竜は、今にも飛び出しそうなほど生き生きと描かれているのですが、何故なぜか目の部分だけが空白のまま、何も描かれていませんでした。 原田宗典『旅の短篇集 春夏』より引用
  • それは立商売を始めてから四週日の金曜日のよいだったが、坂の上の方から折鞄おりかばんを小脇に抱えた紳士が、少しく酩酊めいていの気味でふらふらした足取で、こっちへ近づくのが何故か目に停った。 海野十三『大脳手術』より引用
  • 今度は、何故か目を見張り赤くなる。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • 何故なぜか目が泳いでいる。 喬林知『今日からマ王 第13巻 「これがマのつく第一歩! 」』より引用
  • 月例会に逢つたきりの菊池君が何故か目に浮ぶ。 石川啄木『菊池君』より引用
  • 月例會に逢つたきりの菊池君が何故か目に浮ぶ。 石川啄木『菊池君』より引用