何故か無性に

7 の用例 (0.00 秒)
  • ただ、初めて見る筈のその村の風景が、何故か無性に懐かしく感じられた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • ところが私は、はじめて見る父親を何故か無性にバツを悪がつて一向口も利かうとしなかつた。 牧野信一『文学的自叙伝』より引用
  • 桜島を見たら、何故か無性に酒ずしが食べたくなった。 上坂冬子『おんなの一人旅』より引用
  • ただ何故なぜ無性むしょうに腹ごなしの散歩をしたい気分だったのだ。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • ところが私は、はじめて見る父親を何故か無性にバツを惡がつて一向口も利かうとしなかつた。 牧野信一『文学的自叙伝』より引用
  • といふのは、あの大地震の後に上京した私は、時々此処に帰るのであつたが、いつも何故か無性に人目をはゞかつて、逃げるやうに眼を覆つて母の家に行き着く以外には何処にも出なかつた。 牧野信一『鱗雲』より引用
  • 舞は怨霊に対して何の哀れさも感じないが、それを討ち果たした時だけは、何故か無性に悲しみが溢れてくるのだ。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用