何故か涙

12 の用例 (0.00 秒)
  • その時の弟の顔は四五年も以前の顔で何故なぜか涙をこぼしながら飯を食っていた。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • それに、私は笑顔を浮かべているくせに何故か涙がでてきてね。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 額と鼻の頭にはうっすらと汗が滲み、頬には何故か涙の伝ったような跡があった。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 笑って済ませて元気に終わるはずが、何故か涙がこぼれて止まりませんでした。 川上稔『『SATIE日誌』 [小説] [都市シリーズ] web作品』より引用
  • 平一郎は答えて何故か涙が瞳に滲んで来るのを覚えた。 島田清次郎『地上』より引用
  • 何故か涙が出そうになったので、僕は厩舎きゅうしゃを出た。 平坂読『ホーンテッド! 3』より引用
  • 何故か涙が出て仕方がなかった。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • また、撮影中に何故か涙が出てしまい、茅原は役者としてのスイッチが入ってしまい感情が高まってしまったのではないかと語っている。
  • 唯一つ残っている黒い漆塗りの箪笥と長持を人夫が車に運ぶのを見ていると何故か涙がにじみ出て来た。 島田清次郎『地上』より引用
  • 何故か涙は出なかった。 牧野修『屍の王』より引用
  • 何故か涙が目にたまってきた。 帚木蓬生『受精』より引用
  • 何故か涙がこみあげ、舞子はハンカチを取り出す。 帚木蓬生『受精』より引用