何故か急

27 の用例 (0.00 秒)
  • 年齢のせいでしょうか、何故か急に自分の眼で見てみたくなりましてね。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード マイナス イレヴンスの春 続・十一番目のダイアナ 1』より引用
  • 本間さんはそれを見ると何故か急にこの老紳士が、小面憎こづらにくく感じ出した。 芥川竜之介『西郷隆盛』より引用
  • 私は云はうとした言葉が、何故か急にどもつてならなかつた。 牧野信一『心象風景』より引用
  • そして筒を振りながら踊ろうとするが、何故か急に音がしなくなる。
  • その妻が、私と子供の間に入ると、何故か急に子供たちが私からへだてられ離れていくような感じがしてならなかった。 石原慎太郎『生還』より引用
  • 何故なぜか急に、その果てしない平地にあって遠い機影がひどく頼もしい気がした。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 鈴木はまだ映画を辞める心境だと言ってないのに何故か急に岡田はこれまでの自分の体験を話し始めた。
  • 藤枝は何故か急に晴れ晴れとした顔色になりながら云つた。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • 善兵衛に対しあれほど開けっ広げだった熊楠が、何故か急に話をはぐらかそうとしているようだった。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 「この子の名をポオルと付けよう、」と彼女は何故か急に思った。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』より引用
  • 石倉は何故か急にこの時の情景を思い出し、いったん女性二人の席に眼をやったものの、慌てて向きを変えようとした。 山田智彦『銀行 男たちのサバイバル』より引用
  • 然るに榛軒は何故か急に泣き出して、いかに慰めても罷めなかつた。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 若い二人は大変睦まじく日を過しているようであったが、何故か急に転居して、住所が不明になった。 松永延造『職工と微笑』より引用
  • 吉野村の家には、それまで何度か行った事もあり、吉野へ越すと聞いて喜んでいた私だったが、父にそう言われると、何故か急に悲しくなった。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • 何故か急にあきらめたような声で英子は頷いた。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • それを見送つて何故か急に淋しい心持がして来た。 平野万里『晶子鑑賞』より引用
  • でもその晩、何故か急に後悔しちゃってね。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • まだ渋谷にライブハウスの『屋根裏』があった頃、私はそこへ彼のバンドを聞きに行った事があるが、何故か急にライブはお流れになり演奏は聞けなかった。 内田春菊『私の部屋に水がある理由』より引用
  • さうしたら、何故か急に旅らしい心細い氣もちになつた。 芥川竜之介『軍艦金剛航海記』より引用
  • 女は、中空でとめていたスプーンを皿の上に戻し、口に運ぼうとしてためらい、何故なぜか急に視線を斜めに投げてよこした。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 次へ »