何故か彼

36 の用例 (0.00 秒)
  • 何故なぜか彼がビールを飲む姿を見ると、無性にビールがうまく感じるのだ。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • それだのに、何故か彼には伸子に好奇心を起させるものがあるのであった。 宮本百合子『伸子』より引用
  • ほかのメンバーとは違い、何故なぜか彼だけは教皇をないがしろにはしないのだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第14巻』より引用
  • それがまた何故なぜか彼の記憶に、刹那の間さっきった女の眼を思い出させた。 芥川竜之介『路上』より引用
  • しかしチップでさえ受けるGOLDモード時の防御力の向上が何故か彼だけにはない。
  • 何故か彼は、ミスター・スポックは冗談をいったにすぎないのだという強い印象を持った。 ジェイムズ・ブリッシュ『01 宇宙大作戦 No1』より引用
  • 何故か彼は何時でも八重の名を呼び棄てにした。 牧野信一『南風譜』より引用
  • 異常な体験の記憶はまだ生々しかったが、何故か彼はそれを学術的好奇心にも似た気持で、やや離れたところから冷静に眺めているようであった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 土岐野も熱が下がって、すっかり大丈夫そうだったのに、何故か彼に譲った。 森博嗣『スカイ・クロラ』より引用
  • ところが、今、一人の男としてタビーのことを考えようとすると、何故なぜか彼の手だけしか記憶に浮かんで来ない。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • みつかったと聞いて、もうその任にないというのに、黒田は何故か彼を追ってここまで来てしまった。 新井素子『グリーン・レクイエムⅡ緑幻想』より引用
  • インデックスの言葉を聞いた上条が医者の方を見ると、何故なぜか彼はコードレスの電話機を握っていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • それは、治夫にとっても未知なるものでありながら、何故か彼はそれを懐かしいものに感じた。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 誠は易を馬鹿にしながらも、何故か彼の話に大人しく耳を傾け、親しみを持っていた。
  • それは子供がよく、今直接自分にかかわりあるとは夢思わぬながら、心の中で果して神が存在するかどうかを自分に問うて見るような、突然ではあったが、何故か彼にとって大層意味深い想定に感じられた。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • とうとう俺は、何故か彼はそう感じた。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 何故か彼は避けなかった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター08 D-薔薇姫』より引用
  • 何故か彼が気になってたまらない、彼を救う乙女が自分であればいいと、苦しいほどに願うその気持ちを。 野村美月『文学少女シリーズ13 “文学少女”と恋する挿話集3』より引用
  • あれ以来彼とA子とは親しく往来する仲になつてゐたが、何故か彼の眼鏡は方向を転じて、町端づれの裏道にある薄暗い長屋に向けられてゐた。 牧野信一『風媒結婚』より引用
  • すると、 「あたりまへや」と、何故か彼は「女」には荒々しく云ひ、もう二日も前から飯を食つてゐないことを告白して、青い顔をした。 武田麟太郎『釜ヶ崎』より引用
  • 次へ »