何故か分らない

5 の用例 (0.00 秒)
  • 何故か分らないが断崖からつき落されたような気持になった。 池田満寿夫『尻出し天使』より引用
  • それから、ある日、何故なぜか分らないが、女の顔がこの世のなかで苦しむものの最後のもののように、ひどくうずいているように彼にはおもえた。 原民喜『火の唇』より引用
  • 何故か分らないが、その自動車は駕籠町までしか行かない。 豊島与志雄『帰京記』より引用
  • それから、ある日、何故か分らないが、女の顔がこの世のなかで苦しむものの最後のもののやうに、ひどく疼いてゐるやうに彼にはおもへた。 原民喜『火の唇』より引用
  • 何故か分らないけど、そう思いました。 橋本治『無花果少年と瓜売小僧(桃尻娘4)』より引用