何故か今

17 の用例 (0.00 秒)
  • 地面と観覧車かんらんしゃを見ていたはずが、何故なぜか今、自分の目は空と月を見ていた。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • 自分がそこで死ぬかもしれぬ場所を何故か今は私だけが知っていたい気持でした。 石原慎太郎『生還』より引用
  • 何故か今まで頭にのぼってこなかったが、自分の家を思い出したのだ。 阿佐田哲也『ヤバ市ヤバ町雀鬼伝1』より引用
  • と何故か今までお菓子を買い出しに行っていたナンバー3が戻ってきた。
  • 飛鳥の一件は解決したのか、していないのか、重い空気が何故か今も残っていた。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 何故か今までの得意は離れてしまい、売上げが半分以上減少した。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • 病院で、琴吹さんと二人きりで話したときのことを、何故か今、思い出した。 野村美月『文学少女シリーズ03 “文学少女”と繋がれた愚者』より引用
  • しかし何故なぜか今、自分の前には尻が突き出されて横たわっていた。 川上稔『AHEADシリーズ 03 終わりのクロニクル②〈上〉』より引用
  • 右の新庄が何故なぜか今書いた言葉をあわてて消し始めた。 川上稔『AHEADシリーズ 07 終わりのクロニクル③〈下〉』より引用
  • しんの強そうなシャープな顔の造りをしているが、何故か今は戸惑いの表情を浮かべている。 白瀬修『おと×まほ 第04巻』より引用
  • 違うことといえば僕が何故か今だにバンドマンであることと、頭の先から衝撃を与えてくれたのがベンチャーズではなくKISSというグループだったことぐらいだ。 大槻ケンヂ『のほほん雑記帳』より引用
  • 裏窓からその蚊帳を通して来る萌黄色もえぎいろの光に包まれたこの小さな部屋の光景が、何故か今でも目について忘れられない。 寺田寅彦『中村彝氏の追憶』より引用
  • 上に弾き飛ばしたはずの白の一線が、何故なぜか今、さきを下に向けて落下してくる。 川上稔『AHEADシリーズ 04 終わりのクロニクル②〈下〉』より引用
  • それなのに何故か今の郁紀は、かつて耕司たちを遠ざけようとしていた頃の彼よりも、余計に遠くへ行ってしまったような気がしてならない。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • 時々一緒に帰ってるのに、何故か今は 凄く恥ずかしい。 きゃんでぃそふと『つよきすACT G』より引用
  • 福田隼人とは、一年前に通い詰めていた漫画喫茶で知り合ったのだが、何故か今もこうしてつき合っている。 山田悠介『8.1 Game Land』より引用
  • 何故か今、ムメには逢いたくなかった。 阿久悠『続・瀬戸内少年野球団紅顔期』より引用