何故かほっと

15 の用例 (0.00 秒)
  • 正面から近づいてくる一団に気づいたとき、少女は何故かほっとした。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 外界を拒否しているわけではないのを知り、銀河は何故かほっとした。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • すでに察しは付いていたが、ハントはそれを聞いて何故かほっとした。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • でも、ぼくは父さんと話していると何故かほっとした。 垣根涼介『午前三時のルースター』より引用
  • 立ち上がった治夫を彼女は引きとめず、もう一度柱の時計を見上げると、何故かほっとした様子で送りに立った。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 何故かほっとして、景麒がそのままそれを見ていると、その、点でしかなかった紅が、見る見るうちに広がってゆく。 同人『十二国記』より引用
  • それがいかがわしいものでなくて、由紀子は何故なぜかほっとした。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • しかし、無事逃げおおせた彼らに、何故かほっとしていた。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • ご不浄はもっとこわいのだが、母の鉛筆をけずる音を聞くと、何故なぜかほっとするような気持になった。 向田邦子『父の詫び状』より引用
  • 酒仙とも、日本における最高のエピキュールとも言われた吉田健一の、良い材料に手を加えては勿体ないとする心を読みとって、何故かほっとする私は、何度か父に連れて行かれた料理屋で聞いた、高らかに個性的に声を上げてはうちひくこの人の笑い方を耳の内に聞くのである。 本間千枝子『アメリカの食卓』より引用
  • 八重子は半ばがっかりし、そして同時に何故かほっとした。 角田光代『幸福な遊戯』より引用
  • いつもなら休息日の翌朝に仕事場へ向かうときは少しばかり憂鬱になるのだが、今日だけは、ユージオは何故かほっとする心境だった。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • この笑顔に接すると、何故かほっとする。 山田智彦『銀行 男たちの報酬』より引用
  • 単機行動の命令を受けてぶるった滝川だったが、「ワタシ、手伝いマスデス」とヨーコが言ってくれたことで何故かほっとした。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 09 九州撤退戦・下』より引用
  • タエは何故かほっとした。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用