何故かその時

5 の用例 (0.00 秒)
  • 何故かその時治夫は今この場にいない人間たちのことを思った。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • しかし、それから日が立つにつれて、何故かその時から夫と一しょに外出したりなどするのが妙に不快に思われ出した。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • 何故なぜかその時、啓太が心の底からおかしそうに笑った。 有沢まみず『いぬかみっ!05』より引用
  • 何故かその時、私にはすっかりせて、それまで歳に似ず黒く豊かだった髪の毛が一寸ちょっと会わぬ内に驚くほど真っ白に変ったその老人が、苦々しげにいった言葉の意味が、身につまされたように感じられ、理解できたような気がしたのですが。 石原慎太郎『生還』より引用
  • 父は何故かその時大変に不快な顔をして居りましたが、いきなり、私を蹴倒して、肩へ痣をこさえる程強く、室の隅へ打ちつけました。 松永延造『職工と微笑』より引用