何故かその

56 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は何故かその言葉を、というよりそういった彼女をよく覚えている。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 私は自分の椅子にかえっても何故なぜかその話しをRにすることが出来なかった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 然るに日本の学者の多くは何故なぜかそのように思い込んでいるのである。 三木清『軽蔑された翻訳』より引用
  • 何故かその時治夫は今この場にいない人間たちのことを思った。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 何故かそのページには俺の名前が書いてあった。 きゃんでぃそふと『つよきすACT A』より引用
  • だが何故なぜかその姿が目につきにくいのである。 小池真理子『二人で夜どおしおしゃべり』より引用
  • と方斎は言葉を切り、何故かその先は口を閉じた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 18 秘曲』より引用
  • それが偶然奏でられた神曲であったとしても、今は何故かその事を受け入れる事が出来る様な気がしたのだ。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 菊江はもう一度頭を下げたが、何故かそのいい方には、彼らにとって病院でのことはもうすでに終ってしまったような響きがあった。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 何故なぜかその中に観光客は一切含まれていないのだが、いちいち言及したり首をかしげる者はいない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • 何故かそのあはれな葬式の棺がそこに立つてゐる窕子の眼を惹いた。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • 何故かその声はまばらになったフランクの後頭部の毛を逆立たせた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • その場合、何故かその人間が現実世界から消え、コンピュータ内の世界に現われることが多い。
  • 何故かその音にだけ神経が集中する。 牧野修『ファントム・ケーブル』より引用
  • 管理し調整することに慣れ、そうすることに疲れ、さらに次第に絶望しつつあった彼等調整機関の担当官たちは、何故かそのことが一条の「希望の光」のように思えたそうである。 別役実『犯罪症候群』より引用
  • 自分のアパートに来てもらってもよかったが、何故なぜかその夜、寿々子は自分のせまい部屋で、おろかな両親の話を彼にしたくなかった。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • でもいったんあとに残してくると、もうそれを二度と見ることはないのだと思うと、青豆は何故かそのゴムの木のことが気になってしかたなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 失われたものは少ない、と判断して良いのに、何故かその少なさを丹念に確かめようとしている自分がいるのだ。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • 朝食の途中で席を立ってどこかへ消えてしまった彼女だが、今は何故かその手に歯磨き粉のようなチューブが握られている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録SS』より引用
  • 俺は、何故かその視界で死を覚悟した。 奈須きのこ『歌月十夜 42 年越し月姫~未来へのカウントダウン~』より引用
  • 次へ »