何処までも何処

17 の例文 (0.00 秒)
  • 暗い道を何処どこまでも何処までも、歩いて行きたいような心持になっていた。 ...
  • 暗い道を何処までも何処までも、歩いて行きたいやうな心持になつてゐた。 ...
  • 子供と車とは何処までも何処までも走り続けた。 ...
  • 山も無く川も無く雲も無く、灰色の土がセージブラッシュにおおわれて何処どこまでも何処までもつづいている。 ...
  • 何処までも何処までも、鬼は追いかけてくる。 ...
  • 友達の手紙の中に私の名があったから、帳面に書かれて了って、こうやって何処までも何処までもついて来られるんですが、その帳面から名を消して戴くわけには行かないでしょうか。 ...
  • 若い放浪者はドン河に添うて矢張やはり疲労れた足どりで何処までも何処までも歩いて行く。 ...
  • 妾はこのまんまパンクしたタイヤみたいになって、何処までも何処までも転がって行かなければならないのでしょうか。 ...
  • レエルと云ふ強い鉄の棒が、地面の上に堅く敷かれて、何処までも何処までも平行して、どの汽車の車輪も外れないやうになつてゐなければならない。 ...
  • そして瓦の海は、隣り部落を乗越え、何処までも何処までも拡って、青葉の中に消えていた。 ...
  • 私と校長先生とは二人きりでこの秘密を固く固く抱き合って、底も涯てしもない無間地獄の底へ、何処までも何処までも真逆様に落ちて行かなければならないのだ。 ...
  • 半透明の緑の碍子がいしをつけた鉄道電話の電柱が、屈曲した鉄路に沿うて何処までも何処までもつづいている。 ...
  • そうだ、慎作は、常夜燈の様に消えなかった胸の火を、忽然吹き消されたまま、村を背に、同志を背に、殊に真暗な一家を背にして、何処までも何処までも走って行きたかった。 ...
  • 用事があって通ったのか、散歩のみちすがらであったのか、それさえぼんやりとして思い出せぬけれど、私は、ある場末の、見る限り何処どこまでも何処までも、真直まっすぐに続いている、広いほこりっぽい大通りを歩いていた。 ...
  • この年つきグラッドロンのただ一つの歓びといっては、大きな黒馬モルヴァアクに乗って、さかまく海の浪のそばを、何処までも何処までも、何時間も乗り廻すことであった。 ...
  • 強い牡犬おいぬと強い牝犬めいぬの恋を追って歩く弱い牡犬のように、首と尻尾を垂れて、二人の姿を追って、何処どこまでも何処どこまでも、ウロウロいて行く深沢深だったのです。 ...