何光年

45 の用例 (0.00 秒)
  • 襲撃現場から何光年も離れたところで、大手を振っていることができる。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • 周囲何光年の範囲を捜しても応答を返して寄越す相手がいるはずはない。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • しかし、ここは工業文明から何光年も離れた場所であることを忘れないでほしい。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 問題はジェヴレンがジャイスターから何光年も離れていることだった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 一瞬まえまでは、惰性ではあったが、一日何光年もの高速で航行していたのだ。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • あいつは今頃、われわれから何光年も離れたところへ行ってしまっていることも出来た。 ジェイムズ・ブリッシュ『09 明日への帰還』より引用
  • 何光年ものあいだに破産した船が脱落していったのだろう。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • ファムと何光年も離れているあいだにも、スラは次々に息子や娘をもうけていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 何光年も離れた星々が、この紙の裏にあったとします。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • たった数時間前に別れたはずなのに、ほんの数マイルのところにいるはずなのに、まるで何十年も、何光年も離れているような気がした。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 何光年四方、見渡したところで彼らの行くべき場所は他にない。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • 宇宙船が何光年もの距離を隔てて捕獲された事実は今のところまだ公表できない事情があった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • それは何光年もの距離をつなぐ環なのだった。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • 何百隻という宇宙艦が、何光年ものあいだに散らばっている陸軍では、行政上の細かいことは単純なものではない。 ハインライン『宇宙の戦士』より引用
  • そして、それが何光年もの距離を一挙に飛びこえ、想像もつかないほどの速度で空間を飛んでくる光景を。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • あるいは何光年、何十光年へだたった惑星系には知的生命の存在することの可能性は考えられたが、それはもはや真の意味での接触の希望をかなえるものとはならなかった。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 何百年もの時間と何光年もの距離を越えて時空間旅行してきた結果、己の住む都市で、かくも原始的な乗物に出合うとはね。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • 何百万という鳥人が一丸になった精神力で、何光年という距離も軽々ととびこえてしまうのだ。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • ジョナソイダル効果がとても簡単で、とても扱いよいものになったため、何光年もの横断も、巨大船の大多数の乗客にとっては、まるで部屋から部屋へ行くように容易ものになったのだ。 コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 彼の目にさえ魔法に近いものと映る驚異の技術文明を達成し、何光年四方におよぶ宇宙空間に何百億もの人口が分布する新しい社会に、はたして彼は自分の場所を見出し得るだろうか? ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 次へ »