何も聞こう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 千晶の方も僕の過去について何も聞こうとはしない。 ...
  • 宮下も根本もこのフロッピーに関して、何も聞こうとはしなかった。 ...
  • 何故か、先頭を行く子供一人だけが、何も聞こうとしていなかった。 ...
  • 彼女はとりたてて何も聞こうとせず、玉緒のほうから告白し出すのを辛抱強く待った。 ...
  • べつに何も聞こうとはしなかったのです。 ...
  • こんどは、私は名乗りませんでしたが、相手は何も聞こうとせず、ただピクマールが朝から見えないと答えただけです。 ...
  • それ以上、何も聞こうとはしなかった。 ...
  • 何も聞こうとしなかった。 ...
  • 私の兄はと申しますと、いくら言い訳しても取り上げられず、裁判官はそれ以上何も聞こうともせず、兄に棒五百を受ける刑を言い渡しました。 ...
  • シャボ夫人は何も聞こうとしなかった。 ...
  • 奈美子は何も喋らず、良輔も何も聞こうとはしなかった。 ...
  • 考古学者はそばへ歩み寄ると、かれが脳波調節器に接続している、いろいろな電気部品を眺めたが、何も聞こうとはしなかった。 ...
  • しかし、フレッドと船長は、イモリと哺乳ほにゅう動物についての激論に没頭していて、ほとんど何も聞こうとはしなかった。
  • 盲目の欲望の虜になったあの求婚者がまたやってきて、結婚の話をもちかけ、カリテさまの今となっては何も聞こうとなさらないお耳を煩わした。 ...
  • どれほど雰囲気が明るかろうと、青年将校を応援する空気があろうと、このクーデターに希望を託す市民がいようと、歴史は何も見ないし何も聞こうとはしない。 ...
  • 溝口は老師に米兵の娼婦を突き飛ばした時の事情を話そうとするが、何も聞こうとしない老師に冷たくあしらわれてしまう。 ...