何ぞ料ら

6 の用例 (0.00 秒)
  • 何ぞはからん、その物は我が與へしところの盾銀ならんとは。 森鴎外『即興詩人』より引用
  • 何ぞはからん、成善は医者と看做みなされて降等に逢い、三十俵の禄を受くることとなり、あまつさえ士籍のほかにありなどとさえいわれたのである。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 我は寺に往きて聖母の前に叩頭ぬかづき、いかで我に己に克つ力を授け給はれと祈りて、さて頭を擧げしに、何ぞはからむ聖母のおもては姫の面となりて我を悦ばせ又我を苦めむとは。 森鴎外『即興詩人』より引用
  • 何ぞ料らむ、逍遙子が認むる第二面は作者の哲學上所見若くは實感ならむとは。 森鴎外『柵草紙の山房論文』より引用
  • 何ぞはからむ、数週の後に朽木氏の訃音が至つた。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 何ぞはからむ、京水自筆の巻物に拠るに、直温の過去帖には一の虚構だになくして、其他の文書は皆虚構であらうとは。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用