何ぞ其の

9 の用例 (0.00 秒)
  • 始めをたずねて終りにかえらば死生の理を知る、何ぞ其の易簡いかんにして明白なるや。 ベンダサン『日本人とユダヤ人』より引用
  • の學究先生の訓ふる所を聞かずや、何ぞ其の迂遠にして吾等の生活と相關せざることの甚しき。 高山樗牛『美的生活を論ず』より引用
  • 始めをたづねてをはりにかへらば、死生の理を知る、何ぞ其の易簡いかんにして明白なるや。 山田済斎『南洲手抄言志録』より引用
  • の道學先生の説く所を聞かずや、何ぞ其の拘々として缺々たる。 高山樗牛『美的生活を論ず』より引用
  • 真に党勢を拡張せむとせば、何ぞ其の本に反へらざる。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 道衍の卓敬にける、私情の憎嫉ぞうしつありて、方孝孺に於ける、私情の愛好あるか、何ぞ其の二者に対するの厚薄あるや。 幸田露伴『運命』より引用
  • 眞に黨勢を擴張せむとせば、何ぞ其の本に反へらざる。 鳥谷部春汀『明治人物月旦(抄)』より引用
  • 何ぞ其の心事の陋劣ろうれつなる。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • 嗚呼ああ、何ぞ其の奇なるや。 幸田露伴『運命』より引用