何ぞやということ

6 の用例 (0.00 秒)
  • この俳句とは何ぞやということが、今日の最も重要の論題であろうと自分は思う。 高浜虚子『俳句の作りよう』より引用
  • 熟成とは何ぞやということ一つでも大変なことです。 坂口謹一郎『古酒新酒』より引用
  • しかし、親愛なるコスチャよ、僕も自分が恋をしなかった間は、恋とは何ぞやということをよく知っていたものですよ。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • 何かのはずみに、このことを知った竜太たちは、接吻とは何ぞやということで、何日かを費やすことになった。 阿久悠『瀬戸内少年野球団』より引用
  • 彼はその長い手紙の中で、健康の重要性について、心理状態に対する疾病の影響について、宗教とは何ぞやということについて、長々と書いていたが、モスクワのことや事業のことは、一言も書いていなかった。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • しかし、まア、そういう論議は政治とは何ぞやということになって始末に負えなくなるから、いゝ加減で切りあげて、問題を、結婚へ移そう。 坂口安吾『安吾巷談』より引用