何ぞと言

7 の用例 (0.00 秒)
  • 何ぞと言つては、道綱を伴れてはその女君のゐる几帳の方へと行つた。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • かの女は何ぞと言つてはよく眼の縁を赤くしてゐた。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • 何ぞと言ふと風間さんは直に家の事情、家の事情だ。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 何ぞと言ふと、直に今の青年の病気だ。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 道綱は今年數へ年の四つの可愛い盛りで、何ぞと言つて呉葉の手から窕子の膝へと凭りかゝつて來るのだつた。 田山花袋『道綱の母』より引用
  • 何ぞと言ふと、校長先生や勝野君は、直に規則、規則だ。 島崎藤村『破戒』より引用
  • ちよツ、何ぞと言ふと、直に口答へだ。 島崎藤村『破戒』より引用