何か重いもの

75 の用例 (0.00 秒)
  • ふたたび店を出た彼のポケットには、何か重いものがはいっていた。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • と、女の声があがり、テーブルの上に何か重いものが倒れる音が響いた。 夢枕獏『風果つる街』より引用
  • 何か重いものが私のドアにぶつかるような音で、私は目を覚ましたのです。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • こんどは何か重いものがドアに倒れかかったようであった。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • マリユスは彼が何か重いものをテーブルの上に置く音を聞いた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 別の声が「いいぞ」と言い、それから、何か重いものが動く音がした。 野尻抱介『クレギオン 4 サリバン家のお引越し』より引用
  • 手先の指の部分が、何か重いもので押しつぶされたようになっている。 原田宗典『人の短篇集』より引用
  • それは何か重いものが上から落ちたような音だ。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • ずっと向うのレールでは機関車の汽笛が聞え、何か重いものが動く気配がした。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 壁側の扉口から、何か重いものを引きずりだしたようなわだちが、のびていた。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • これは何か重いものを持って歩いた証拠だ。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編01 本格推理Ⅰ』より引用
  • すると、そのとたん、ハリーは自分のポケットの中に何か重いものが落ちるのを感じた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • 朝食をとりながら、自分の胸の中に何か重いものが腰を据えていることに気づいた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 上田与志は何か重いもので頭を強くなぐられたような感じがした。 辻邦生『天草の雅歌』より引用
  • 瓜が何か重いもので叩き潰された時のような嫌な音だった。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 何か重いものを押し動かしているようだ。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 入口の扉のほうで何か重いものが倒れたような音がしたので、そっと出て来てみるとこの始末だった。 久生十蘭『キャラコさん』より引用
  • 何か重いものがハリーの脇の地面に倒れる音がした。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 舌の上に何か重いものがのっているようであった。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • 玄関の内側で、何か重いものが倒れたような音だ。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • 次へ »