何か重い

128 の用例 (0.00 秒)
  • 不意におのおのの体内で何か重いかたまりがどしんと落ちたような気がした。 岡本かの子『決闘場』より引用
  • それに続いて、がちゃんと何か重い金物でも堕ちたような音がしました。 ドイル・アーサー・コナン『まだらのひも』より引用
  • ふたたび店を出た彼のポケットには、何か重いものがはいっていた。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • と、女の声があがり、テーブルの上に何か重いものが倒れる音が響いた。 夢枕獏『風果つる街』より引用
  • ザザザザザ、と遠くから何か重い動物が木をわたるような音が聞こえてきた。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』より引用
  • 何か重いものが私のドアにぶつかるような音で、私は目を覚ましたのです。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • あ、見たまえ、ここに何か重い物を引き摺ったような跡がついている。 横溝正史『真珠郎』より引用
  • 右手は自由に動く、だが左手は何か重い物をしっかりにぎっている。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 小さいときに何か重い病気をしたことがあるらしく、激しい運動には参加しない。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 急いで上がろうとして、玄関の方でドサッと何か重い物の落ちる音がした。 赤川次郎『招かれた女』より引用
  • こんどは何か重いものがドアに倒れかかったようであった。 クリスティ/古賀照一訳『オリエント急行殺人事件』より引用
  • マリユスは彼が何か重いものをテーブルの上に置く音を聞いた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 別の声が「いいぞ」と言い、それから、何か重いものが動く音がした。 野尻抱介『クレギオン 4 サリバン家のお引越し』より引用
  • と、つづいてガチャンと何か重い金物でも落ちたような音がいたしました。 ドイル『まだらの紐』より引用
  • 何か重い兇器でやられたらしく、頭蓋骨は粉砕され、腿にも傷があった。 三上於菟吉『白銀の失踪』より引用
  • 苛だたしげな遠坂の舌打ちと、何か重い物が壁を乱打する音が聞こえた。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 手先の指の部分が、何か重いもので押しつぶされたようになっている。 原田宗典『人の短篇集』より引用
  • 何か重い車でも引いて、遠い道を疲れながらこっとりこっとり歩いてる音だ。 豊島与志雄『春盲』より引用
  • それは何か重いものが上から落ちたような音だ。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • それとも、何か重い物を持っているので、ちょっと腰をおろしただけなのだろうか。 リルケ/星野慎一訳『マルテの手記』より引用
  • 次へ »