何か声高

19 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はその時、村岡が友達二三人と何か声高こわだかに話しながらくるのに出あった。 ...
  • 二人は何か声高に話しながら笑い興じていたようだった。 ...
  • それから二、三日してジルノルマン嬢は、父がただ一人室の中で何か声高に言ってるのを聞いた。 ...
  • 向うのほうでは男が三人、何か声高にしゃべっている。 ...
  • しばらくしんとしているうちに、さっき、ここから姿の眺められた旅人たちであろう、何か声高に話してくる声が足音とともに近づいてきた。
  • 無言のまま、駒を取って返し、わざと味方の中へまじって、何か声高に命令していた。 ...
  • 白服に白靴の男たちが波止場を歩き廻わって、フランス語で何か声高に喚いている。 ...
  • 或る日、雄一郎が待合室の傍にある井戸のポンプの故障を直していると、列車待ちをしている行商の女たちが、何か声高に話しているのが耳にはいった。 ...
  • 夏には花火が打ち上げられ、クリスマスには着飾った婦人たちが車にいっぱいの買物をして帰っては、互いに何か声高にしゃべる風景が見られた。 ...
  • 兵隊はいやなものでも、将校と云うものはいいものだろうと思っていたが、いつか練兵場で練兵するのを見ていたら、若い将校が一人の兵隊をつかまえて、何か声高にののしっていた。 ...
  • と、突然、艦内に騒がしい物音が聞え、何か声高に呼びかわす人声が私の耳を打った。 ...
  • 二つの駕籠が雪の昌平橋を無事に渡りきると、棒鼻ぼうばなの向きが少し変って、前のは講武所の方へ向き、同時に駕籠の中から何か声高に言うのが聞えると、それに応じて後ろなる駕籠の中からも、前のよりは少し低い調子で一言二言ひとことふたこと言い出すのが聞えます。 ...
  • 私語をしたり、何か声高によびかける調査団一行をなだめながら、英二はふと、その調査団一行の一部に、ほかの連中と何か異質な動きを感じたような気がした。
  • 樋口さんは巨大な地球儀をくるくる廻し、手近な人をつかまえては、何か声高に演説をしていました。 ...
  • おそらく何か声高に喋っているのだろうけれど、聞こえるのは屋根を打つ雨音と、耳を吹き抜ける風の音ばかりである。 ...
  • 「ホラ、今晩もやって来たわ」 船室の前を何か声高に喋りながら、男達が通って行く。 ...
  • 気のせいか、今夜の辻番はいつもと変って、なんとなく穏かでないらしく、相生町四丁目の向う角にある本多の辻番などは、何か声高こわだかに番人の話が聞えます。 ...