何かと

全て 副詞
4,326 の例文 (0.02 秒)
  • しかしバンドにはスタッフというものが何かと必要になってくる。 ...
  • 動物には何かと関係のある人だから、早速、或る人を私に紹介してくれた。 ...
  • でも、最近は何かというとこの話題なのであたしはすっかり疲れてしまった。 ...
  • でも、人の口というものは、何かといってはいろいろうるさいものです。 ...
  • 意思はなくとも、彼らにだって、自分が何かという存在意義はあります。 ...
  • お店も大切ですが、オープン前後は何かと無理しやすいですからね。
  • 近頃では、何かと次代の藩主として立てられるようになった光國みつくにである。 ...
  • それにもかかわらず、何かというと必要もないのに貧乏を揮廻ふりまわしていた。 ...
  • 考えてみれば刑事に警察とは何かと尋くようなものなのであろう。 ...
  • それは何かと云へば、冬の月夜は少しも凄いものでないといふことである。 ...
  • 伯爵のために何かと骨を折つて貰はうといふ虫のいゝ魂胆からである。 ...
  • 成績は良いのですが何かと問題のある生徒たちがおりまして。
  • 自分に対して何かと手をさしのべたのは、無論実の子であったからだ。 ...
  • 新鮮な空気が吸いたかったし、それにデッキに行けば何かと刺激がある。 ...
  • そんな私に何かと親身しんみになってくださったのが、他ならぬ彼方さんです。
  • 就いては玉藻の儀も何かとさえぎって邪魔するやからがないとも限らぬ。 ...
  • 輝夜は何かと地上の人間の話を好んで聞き、自分からもよく話す子だった。 ...
  • 母が何かと気をつかってくれても、こんどばかりは慰めにはならなかった。 ...
  • いつになく私の様な青二才を手頼たよりにして何かと相談をする始末です。 ...
  • 次へ