何かと面倒

45 の用例 (0.00 秒)
  • そしてフォロンが何かと面倒を見てやらなければならない後輩でもある。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 彼がここで誰かを監視していたことがわかると何かと面倒だ。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 米国市場でフォードと敵対関係になれば、何かと面倒なことが起こる。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 子才の妻の呂氏も陶の姉には好意を持っていて、何かと面倒をみてやっていた。 駒田信二『中国怪奇物語(妖怪編)』より引用
  • そして捜査線上に、郁三が何かと面倒を見てきた若者・稲森明が浮上してきた。
  • 何かと面倒見めんどうみがよく、真由に対してもその性格は如何いかんなく発揮はっきされているという。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 04』より引用
  • いま思えば、何かと面倒めんどうなことになりそうなのをおそれ、知らず知らず意識の外に追い出していたのだ。 芦辺拓『月蝕姫のキス』より引用
  • デボラが女に興味はないと知りながら、朝代は何かと面倒を見てくれる彼に恋をしてしまう。
  • 例の少女のところでは、二人の小間使いが代る代る立ったり腰を下ろしたりして何かと面倒を見ていた。 堀辰雄『幼年時代』より引用
  • 義理は果たしたし、これ以上一緒にいると何かと面倒でしょ。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • それ以上遅くに営業をしていると客に酔っぱらいなどが増えて、何かと面倒なことが多くなるからなのだそうだ。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 物質的にも何かと面倒を見てくれた。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 以前は、山根さんが起きていて、姉とも妻ともつかない態度で何かと面倒をみてやったものだが、いろいろなことがあってからそれもなくなった。 豊島与志雄『霧の中』より引用
  • これ以上ここにいては何かと面倒そうなので、さっさと退散しようと式の腕を引っ張った。 奈須きのこ『空の境界 (下)』より引用
  • こんな所にいては、何かと面倒めんどうなことになる。 赤川次郎『いつか誰かが殺される』より引用
  • 船に乗りこむまえから糸島はしじゅうその女といっしょで、何かと面倒を見てやっていた。 横溝正史『金田一耕助ファイル02 本陣殺人事件』より引用
  • 別のネイトの軍団基地が目と鼻の先にあったりしたら、何かと面倒だし、訓練でも事故がおこるに違いないのだ。 眉村卓『不定期エスパー4』より引用
  • 他県での捜査は何かと面倒だ。 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • もちろん、正社員となれば、何かと面倒なこともあるだろう。 赤川次郎『過熟の実』より引用
  • 利通が参議就任を承知するまで、また何かと面倒だったが、とにかく十月十日にはそれが決まった。 古川薫『桂小五郎(下)』より引用
  • 次へ »