何かと都合

40 の例文 (0.00 秒)
  • そのためにも社長の英二には早目に会っておいたほうが何かと都合がよい。 ...
  • 隔離されたとはいえ、外の世界と同じ暦じゃないと何かと都合が悪いからね。
  • これは橋本が共犯を使ったにせよ、何かと都合がよかったと思います。 ...
  • そういう時、見かけの上では第三者の協力者がいてくれると何かと都合が良い。 ...
  • 彼らは素性のわからない客は相手にしないから、このほうが何かと都合がいいのだろう。 ...
  • 猫を特別あつかいしているわけではないんですが、何かと都合がいい動物だから出演してもらっちゃうんですよね。 ...
  • その前後数日、わしは留守のほうが、何かと都合がよいわけです。 ...
  • 恐らくはそのほうが、介護する側にもされる側にも、何かと都合がよいのだろう。 ...
  • このホテルは西洋人が多いから、ダイヤを売るには何かと都合がいいんだろう。 ...
  • 何より本社の研究室ではスケジュールが自由にならないので何かと都合が悪い。 ...
  • それならば、ある時期からは生殖能力を失い、孫の世話に専念した方が何かと都合が良いわけである。 ...
  • もうちょっと何か演出があってもいいんじゃないかと思いもすれ、まあ何かと都合があるのだろうこの宇宙空間にも。 ...
  • また同部屋だと何かと都合の悪い事も多かった。 ...
  • 経営上の秘密を知ることの多い経理課長には、大野のような身内がいるほうが社長も何かと都合がいいのだろう。 ...
  • 君がいてくれると、何かと都合がいいだろう。 ...
  • 日本人相手の商売だから、やはり、日本人のママさんでなければ何かと都合がわるい。 ...
  • そんなことをせず、服をバッグに入れっぱなしにしておいた方が、逃走中の身にとって何かと都合の良いことはわかっていた。 ...
  • 次へ