何かと都合

35 の用例 (0.00 秒)
  • そのためにも社長の英二には早目に会っておいたほうが何かと都合がよい。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 隔離されたとはいえ、外の世界と同じ暦じゃないと何かと都合が悪いからね。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • これは橋本が共犯を使ったにせよ、何かと都合がよかったと思います。 森村誠一『高層の死角』より引用
  • 彼らは素性のわからない客は相手にしないから、このほうが何かと都合がいいのだろう。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • このホテルは西洋人が多いから、ダイヤを売るには何かと都合がいいんだろう。 大倉燁子『鳩つかひ』より引用
  • もうちょっと何か演出があってもいいんじゃないかと思いもすれ、まあ何かと都合があるのだろうこの宇宙空間にも。 谷川流『涼宮ハルヒの暴走』より引用
  • また同部屋だと何かと都合の悪い事も多かった。
  • あれを連れて行ったら、何かと都合がいいんじゃないか? 西村京太郎『失踪計画』より引用
  • もちろん、彼等なりに集団を形成しておいたほうが何かと都合がいい、という事情もあるのだろう。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • 猫を特別あつかいしているわけではないんですが、何かと都合がいい動物だから出演してもらっちゃうんですよね。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 02 学院のおもちゃ』より引用
  • 恐らくはそのほうが、介護する側にもされる側にも、何かと都合がよいのだろう。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • 染赤と散香で組んだ方が武装の守備範囲が広がって何かと都合良い、という草薙の判断だった。 森博嗣『スカイ・クロラ』より引用
  • それならば、ある時期からは生殖能力を失い、孫の世話に専念した方が何かと都合が良いわけである。 竹内久美子『そんなバカな! 遺伝子と神について』より引用
  • 経営上の秘密を知ることの多い経理課長には、大野のような身内がいるほうが社長も何かと都合がいいのだろう。 半村良『赤い酒場』より引用
  • 君がいてくれると、何かと都合がいいだろう。 ドイル/延原謙訳『バスカヴィル家の犬』より引用
  • 日本人相手の商売だから、やはり、日本人のママさんでなければ何かと都合がわるい。 本田靖春『ニューヨークの日本人』より引用
  • そんなことをせず、服をバッグに入れっぱなしにしておいた方が、逃走中の身にとって何かと都合の良いことはわかっていた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 卒業後もトントン拍子に何かと都合よく行ったらしく、今日は美術学校の木彫部もくちょうぶの助教授となっています。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • 通行証があれば何かと都合がよく、いつも行商して歩いていた郡部で安全な隠れ場所を見つけることもできただろう。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(2)』より引用
  • 何かと都合のいい時代だった。 池上永一『レキオス』より引用
  • 次へ »