何かと話題

22 の用例 (0.00 秒)
  • 何かと話題のかただから、普段からその呼び名を耳にする機会はもちろん多い。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 去年、彼女の作った広告が賞を取って以来、社の内外で何かと話題になることは多かった。 森瑤子『カサノバのためいき 世にも短い物語』より引用
  • 兄由紀夫との関係が何かと話題になるが、実際には兄弟仲は悪くなく、不仲説が報道されるたびに兄と笑いあっているという。
  • 玄徳はなお引きとめて、何かと話題を切らさなかった。 吉川英治『三国志』より引用
  • インパクトのある題名、CMと何かと話題を集めた作品になった。
  • フランスの文学賞が三百前後あったのと比べ、わが国の文学賞は圧倒的に少なかったから、その分だけ何かと話題になった。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 文芸懇話会が何かと話題になるたびに、彼は、クソいまいましい気にさせられていた。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • また特番の時には、当時何かと話題であった君島グループの社長が商品を提供した為、店内の商品総額が1億円台にまで上った。
  • そういった要素が何かと話題になり、今までになかったニュータイプの政治家として、ここ数年、各メディアが競うようにして取り上げている。 今邑彩『蛇神』より引用
  • いつもの集まりなら、外見も行動も派手なみち子が何かと話題の中心になるのだが、さすがに今日の集まりではそうはいかない。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • 工場でも何かと話題にのぼっている。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 当座は何かと話題にしたがった口さがない女房や女官たちも、もう二条への関心などとうに失ってしまったらしい。 杉本苑子『新とはずがたり』より引用
  • 岡の眼の方は慣れてゐたが、私はりら子が制作者のやうに真面目な顔をして、しげしげと済して此方の顔を眺めるのに弱つて、何かと話題を探さうとするのだつたが、りら子は口などを利いては悪いのだらうと遠慮でもしてゐるらしく碌々返事もしなかつた。 牧野信一『心象風景(続篇)』より引用
  • 一方、リーフはかなり退屈しているようで、何かと話題を見つけては彼に話しかけてくるが、スパークはまったく取り合わなかった。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 何かと話題づくりの好きな都知事が、治安問題担当の副知事というポストにすえた人物は、警察官僚で、東北地方のどこかの県の県警本部長をつとめていた。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿05 黒蜘蛛島』より引用
  • 単に財界人というだけでなく、先端技術研究のための大学を創立したり、育英基金を設立したり、外国の元首たちと親友づきあいしたり、国際政治論や教育論の本を出版したり、何かと話題が多い。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿03 巴里・妖都変』より引用
  • ねじめ正一さんがこの年何かと話題を含んだ人とトークする番組で、この年引退した落合博満氏、この年芥川賞の花村萬月氏、そしてこの年老人力のぼく。 赤瀬川原平『老人力 全一冊』より引用
  • いうなれば、最近何かと話題になっているクローン技術を、医者の力を借りずに、自らの呪力じゆりよくだけで成し遂げることを、物部の長は、はるか太古より行ってきたということだ。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • デザイナーのドゥカルージュがチームに復帰し、浪人中のアラン・プロストが開幕前テストで試走するなど、シーズン前から何かと話題性のあるマシンだった。
  • また安達の母親で井戸田の義母である安達有里がヘアヌード写真集を発売した事や写真集発売とほぼ同時期に井戸田の不倫疑惑が写真週刊誌に報じられた事で、何かと話題を集め、メディア露出が格段に増えた。
  • 次へ »