何かと言ふと

5 の用例 (0.00 秒)
  • 何かと言ふと、それは地震の爲めだと言ふのです。 竹越与三郎『日本の真の姿』より引用
  • 歐洲の自治體と云ふものは何かと言ふと、皆座の商人が自治體の中心でありまして、即ち自治體と云ふものは一種の村若くは町であります。 竹越与三郎『日本の真の姿』より引用
  • 座と云ふものは何かと言ふと、特許せられたる商賣であります。 竹越与三郎『日本の真の姿』より引用
  • 座と云ふものは何かと言ふと、金座、銀座と云ふ、諸君が人形町をお通りになると金座と云ふ處がある。 竹越与三郎『日本の真の姿』より引用
  • 冬祭りとは何かと言ふと、歳、窮つた時期に、神がやつて来て、今年の出来たものを受けて、報告を聞き、家の主人の齢を祝福し、健康の寿ぎをする所の、祭りを言ふのである。 折口信夫『大嘗祭の本義』より引用