何かと言う

35 の用例 (0.00 秒)
  • その頃は何かと言うと養父と出会ってしまう気がしてしょうがなかった。 内田春菊『あたしが海に還るまで』より引用
  • 何かと言うと、そこに電話をしてきては、文句を言う人が後を絶たないのね。 楡周平『フェイク』より引用
  • では何かと言うと、それはその人間の自己反省力ではないだろうか。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用
  • 彼等の最も知りたいのは愛とは何かと言うことではない。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • 若さとは何かと言うと、それは私にとっては、激しく執着する思い、である。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • どうして人間は、何かと言うと同意を求めてくるのだ。 伊坂幸太郎『死神の精度』より引用
  • 何かと言ううちに向うに見えるが松倉様のお邸じゃ。 夢野久作『狂歌師赤猪口兵衛』より引用
  • 破壊的とは何かと言うと、われわれはもう既に三十年後の世界最後の決勝戦に向っているのでありますが、今持っているピーピーの飛行機では問題にならない。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • その刀痕は、現在でも深く残っており、井上は何かと言うと、それを自慢した。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用
  • けれどもそのうち一番肝腎な財産は何かと言うと問答の教科書です。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 今の若い連中は、何かと言うと、すぐサッカーとか、バスケットだ。 佐竹一彦『よそ者』より引用
  • 何かと言うとすぐに死ぬと言う。 三好十郎『炎の人——ゴッホ小伝——』より引用
  • 素直じゃなくて、何かと言うと「でも」とか「だって」とか私は言い訳してる。 山本文緒『チェリーブラッサム』より引用
  • そして何かと言うとカンシャクばかり起しているが、これは欲求不満の現われというものであろうと思う。 なだいなだ『パパのおくりもの』より引用
  • 以前の、何かと言うと夫や姑や近所の愚痴ばかりこぼしていた頃とは、顔つきがぜんぜん違っていた。 唯川恵『不運な女神』より引用
  • 渋谷のビルの紛争のとき顔を出して、強引に割り込もうとした区会議員の一人が、何かと言うとその顔をして見せたのである。 半村良『回転扉』より引用
  • では主要な長所は何かと言うと、複雑なフィルタ回路なしでも悪い伝送路状況に対応できる点である。
  • では、自衛隊の存在意義は何かと言うと、自分で守るんだという決意と意欲を、敵に対しても同盟国に対しても示すためです。
  • 何かと言うとアルルの一切のものを呪い、一日も早く、金の出来次第、南洋群島の方へ行くんだと言う。 三好十郎『炎の人——ゴッホ小伝——』より引用
  • 幼いときから松江のよき理解者だった弟の充夫が案外冷静で、何かと言うとすぐ対立した大野のほうが恥ずかしげもなく大声で泣きつづけた。 半村良『回転扉』より引用
  • 次へ »