何かと言う

37 の例文 (0.00 秒)
  • その頃は何かと言うと養父と出会ってしまう気がしてしょうがなかった。 ...
  • 何かと言うと、そこに電話をしてきては、文句を言う人が後を絶たないのね。 ...
  • では何かと言うと、それはその人間の自己反省力ではないだろうか。 ...
  • 彼等の最も知りたいのは愛とは何かと言うことではない。 ...
  • 若さとは何かと言うと、それは私にとっては、激しく執着する思い、である。 ...
  • けれどもそのうち一番肝腎な財産は何かと言うと問答の教科書です。 ...
  • 今の若い連中は、何かと言うと、すぐサッカーとか、バスケットだ。
  • 破壊的とは何かと言うと、われわれはもう既に三十年後の世界最後の決勝戦に向っているのでありますが、今持っているピーピーの飛行機では問題にならない。 ...
  • その刀痕は、現在でも深く残っており、井上は何かと言うと、それを自慢した。 ...
  • 何かと言うとすぐに死ぬと言う。 ...
  • そして何かと言うとカンシャクばかり起しているが、これは欲求不満の現われというものであろうと思う。 ...
  • では主要な長所は何かと言うと、複雑なフィルタ回路なしでも悪い伝送路状況に対応できる点である。 ...
  • 何かと言うとアルルの一切のものを呪い、一日も早く、金の出来次第、南洋群島の方へ行くんだと言う。 ...
  • 渋谷のビルの紛争のとき顔を出して、強引に割り込もうとした区会議員の一人が、何かと言うとその顔をして見せたのである。 ...
  • では、自衛隊の存在意義は何かと言うと、自分で守るんだという決意と意欲を、敵に対しても同盟国に対しても示すためです。 ...
  • 素直じゃなくて、何かと言うと「でも」とか「だって」とか私は言い訳してる。 ...
  • 何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。 ...
  • 次へ