何かと相談

34 の例文 (0.00 秒)
  • あたしは今まで何かと相談に乗ってくれた彼のことを信頼していたのだ。 ...
  • いつになく私の様な青二才を手頼たよりにして何かと相談をする始末です。 ...
  • 木崎はぼくの後ろの席になり、何かと相談するのに具合がよかった。 ...
  • いつになく私のような青二才をたよりにして、何かと相談をする始末です。 ...
  • 国王は王女を深く信頼しており、何かと相談をもちかけたりしているらしい。 ...
  • 町の有力者や知識人の中には吟子の博識に驚き、何かと相談に現れる人が増えてきた。 ...
  • 患者は勿論、医者や看護婦まで、三津枝に何かと相談ごとを持ちこんだ。 ...
  • あのカシラ夫婦は好人物だから、何かと相談に乗ってくれるだろう。 ...
  • 何かと相談相手のほしいこともあろう。 ...
  • 夫の戦友だというその山崎という男に、何かと相談に乗ってもらっているうち、二人が男女の仲に進むのは、あるいは時間の問題だったかもしれない。 ...
  • からかわれることも多いが、何かと相談を持ちかけることも多い。 ...
  • 仲間から何かと相談を持ちかけられるが、あてにならない。 ...
  • こんなときには何かと相談相手になり慰めてくれるのは薫だったが、その同情はしだいに中君への慕情に変わっていった。 ...
  • 四方太氏としてもそのひとを、志賀の家に縁づかせた責任はじぶんにあると思うから、何かと相談相手になってやる。 ...
  • そんな経緯から、堀内は五領田を信頼し、何かと相談を持ちかけることもあった。 ...
  • 何度か会うと顔馴染なじみになったが、私には商売上の関心を示さず「ヒゲ先生」と呼んで日本の生活についてたずねたり、何かと相談を持ちかけたりした。 ...
  • これから何かと相談相手になってもらおう。 ...
  • 次へ