何かと理由

33 の例文 (0.00 秒)
  • すっかり傷が直ってからも、何かと理由を付けてのの子は入院し続けていた。 ...
  • ヤツらは何かと理由をつけて学園都市へ潜入せんにゆうできないか、と網を張っているんですたい。 ...
  • そんなこと先に貴方に言ったら、何かと理由をつけて私を追い返すに決まってるわ。
  • 彼が担当する初心者コースにいたくて、何かと理由を作っては試験を免れてきた。 ...
  • 姉の裕美ひろみはそんなささくれだった雰囲気が嫌で、何かと理由をつけては出かけてばかりいた。 ...
  • 毎回、加藤は寄せられた意見にだいたい何かと理由をつけて反抗。 ...
  • その一方、何かあったら面倒だというので、有力者の子弟本人に入営の意志があったとしても、軍の方から何かと理由をつけて入営させないということも多々あった。 ...
  • 元夫婦である早勢理一郎と衛藤はるは、離婚した後も何かと理由をつけては会う奇妙な関係。 ...
  • そして、それから身を守るために、うちにいるときは、女たちとの接触をなるべく避けるために、何かと理由をつけて自分の部屋に閉じこもるようになった。 ...
  • 短大を卒業したばかりだという娘は、私が彼女の父親から蘭の手入れの方法を教わっている間に、茶を入れたり私の手からコートを受け取ったり、何かと理由をつけて私の近くにまとわりついてきた。 ...
  • 先生方は何かと理由をつけてはハリーと一緒に廊下を歩いたし、パーシー・ウィーズリーはハリーの察するところ、母親の言いつけなのだろうが、ハリーの行くところはどこにでもピッタリついてきた。 ...
  • 何かと理由をつけて、金銀を贈ったので、絵島としては交竹院に悪い感情を持とうはずはない。 ...
  • また、何かと理由を付けて服を脱ごうとする。 ...
  • こうしたさまざまな偽装工作により、家族や親戚・友人たちからの信用を得ており、また、何かと理由をつけて妻にはWHOに電話することを固く禁じていた。 ...
  • ことに鏡子の末妹に対しては、彼女が物心ついた時には中根家が没落し始めており、姉たちのように良い暮らしができずに育ったことを憐れんでか、彼女をよく可愛がり、何かと理由をつけては小遣いを与えたり着物を買ってやったりしたという。 ...
  • 何かと理由をつけて実家に訪れる姉にウンザリしていた容子だったが、そんな中、校内でもカッコいいと評判の岡本と偶然に接点を持つ。 ...
  • オルロフはそれを悟られまいと、何かと理由を付けてエカテリーナと夜を共にする事を避け、やがて治療に奔走するあまり、エカテリーナの元を訪れる事すら少なくなっていく。 ...
  • 次へ