何かと理由

26 の用例 (0.00 秒)
  • すっかり傷が直ってからも、何かと理由を付けてのの子は入院し続けていた。 大槻ケンヂ『くるぐる使い』より引用
  • ヤツらは何かと理由をつけて学園都市へ潜入せんにゆうできないか、と網を張っているんですたい。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第09巻』より引用
  • そんなこと先に貴方に言ったら、何かと理由をつけて私を追い返すに決まってるわ。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 彼が担当する初心者コースにいたくて、何かと理由を作っては試験を免れてきた。
  • 姉の裕美ひろみはそんなささくれだった雰囲気が嫌で、何かと理由をつけては出かけてばかりいた。 神崎京介『密室事情』より引用
  • そしてデートすれば何かと理由をつけて逃げられる。 峰隆一郎『西鹿児島発「交換殺人」特急』より引用
  • そして、それから身を守るために、うちにいるときは、女たちとの接触をなるべく避けるために、何かと理由をつけて自分の部屋に閉じこもるようになった。 今邑彩『暗黒祭(「蛇神」シリーズ最終巻)』より引用
  • 何かと理由をつけて、金銀を贈ったので、絵島としては交竹院に悪い感情を持とうはずはない。 海音寺潮五郎『江戸城大奥列伝』より引用
  • 短大を卒業したばかりだという娘は、私が彼女の父親から蘭の手入れの方法を教わっている間に、茶を入れたり私の手からコートを受け取ったり、何かと理由をつけて私の近くにまとわりついてきた。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • 先生方は何かと理由をつけてはハリーと一緒に廊下を歩いたし、パーシー・ウィーズリーはハリーの察するところ、母親の言いつけなのだろうが、ハリーの行くところはどこにでもピッタリついてきた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 03 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』より引用
  • 宇宙船が五十兆円に値するかを判定するために、急遽きゅうきょ作られた調査隊が、何かと理由をつけまだ調査を続けていた。 岩本隆雄『イーシャの舟』より引用
  • また、何かと理由を付けて服を脱ごうとする。
  • しかし、判定は全て松本の裁量に任せられており、明らかに結果が出ているゲームでも何かと理由を付けてドローになってしまう。
  • 殊に、辰男が出征兵士の見送りも何かと理由をつけて来ないのを、恵一はいつも強い調子で非難している。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • こうしたさまざまな偽装工作により、家族や親戚・友人たちからの信用を得ており、また、何かと理由をつけて妻にはWHOに電話することを固く禁じていた。
  • ことに鏡子の末妹に対しては、彼女が物心ついた時には中根家が没落し始めており、姉たちのように良い暮らしができずに育ったことを憐れんでか、彼女をよく可愛がり、何かと理由をつけては小遣いを与えたり着物を買ってやったりしたという。
  • 結局、机の引き出しに鍵がないのは、管理が面倒だからであり、また、何かと理由をつけてはOLの机をむやみに開けるのを楽しみにしている部課長連中の便宜をはかる為なのだ、と秋穂は理解している。 柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』より引用
  • 球団は6度に渡って復帰要請するが、ガルベスは何かと理由をつけて延期し、レギュラーシーズン終了まで戻らなかった。
  • 事が済んでからゲイシーはヴァリューズに金を払ったが、その後もヴァリューズはゲイシーのもとをしばしば訪れ、何かと理由をつけては金を要求するようになった。
  • と、惣助も用心したのは、吉兵衛が勝訴してから何かと理由をこじつけて木津屋に寄付を求めに来る人があとを絶たないからである。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • 次へ »