何かと気

79 の例文 (0.00 秒)
  • そんな人が自分のような妾腹の子どもにも何かと気を使ってくれるのだ。 ...
  • 母が何かと気をつかってくれても、こんどばかりは慰めにはならなかった。 ...
  • わたしでもついていれば、ねえ、また何かと気をつけて上げられるでしょう。 ...
  • では一番めは何かと気にはかかったが、聞かない事にした。 ...
  • それで、物淋しいようだが、一面また何かと気の紛れる折もあるのだった。 ...
  • 石津のことを何かと気にかけるうちに、妹をもったような錯覚に陥ってしまった。 ...
  • 聖二は、どういうわけか、姉である自分には何かと気を遣ってくれる。 ...
  • アウラには以前、命を助けてもらったえんがあり、何かと気にかけてもらっている。 ...
  • オードブルが出始めた時に、デザートは何かと気にするような感じがしたからだ。 ...
  • この学校に来た理由は前校でのイジメであったため、本田は何かと気をつけるようにしている。 ...
  • とくに長男は女の先生で、休みがちな子供のために、何かと気をつかってくれる。 ...
  • 文さんはいつも何かと気をつかって物をくれるのでありがたい。 ...
  • だが蒔は別居してゐるだけに何かと気にかゝるらしく、時々顔を見せるのも幾の様子を見に来るのであつた。 ...
  • 夕刻との境目に木々の間を歩けば、何かと気が紛れるだろうと彼は屋敷を出る。 ...
  • 新顔の祐司を何かと気にかけてくれる人がいて、ここなら自分を丸ごと受け入れてくれる気がした。 ...
  • わたしも何かと気をつけてますから。 ...
  • いかに大きな志を抱いて自ら望んで赴任してきたといっても、この地で女性一人で暮らすためには何かと気を配らなければならないことが山ほどあるのだ。 ...
  • 次へ