何かと好都合

13 の例文 (0.00 秒)
  • そのほうがお世話をするにも何かと好都合だったのでございます。 ...
  • 同じ招くなら、外国人より日本人のほうが何かと好都合ではないか。 ...
  • 子爵にも立ち会ってもらったほうが何かと好都合なので、その時期に合わせて設計案を見せにいくことに決めた。 ...
  • ま、それはとにかく妻を小樽に残しての単身赴任だったから、啄木としては何かと好都合だったろう。 ...
  • それよりも、天忠が日本語を解することを知って、大本営参謀としての自分の仕事に何かと好都合であろうと判断したことの方が大きかった。 ...
  • 長年、この設立のためわがことのように奔走してきたし、渡辺義雄氏にかわって三代目の日本写真家協会会長に選ばれたことも、何かと好都合だからである。 ...
  • 両人がそんな間柄であったから、検事は取調べに際して何かと好都合であったし、又探偵作家の殿村にとっては、犯罪事件の実際を見学する好機会となった。 ...
  • そして彼等の勤め先をたずね、もとの同僚だった槻木トク子の行方をつきとめたりすることは、日本人であるわたしよりも、同国人である沈のほうが何かと好都合であるに違いないのだ。 ...
  • あそこのほうが、何かと好都合だろう。 ...
  • それでも、衛士の長が居れば何かと好都合だった。 ...
  • その方が何かと好都合です。 ...
  • それは何かと好都合です。