何かと便利

33 の例文 (0.00 秒)
  • こういう友達は何かと便利なので、変人扱いせず、大切にしたほうがいい。 ...
  • だけど俺もあいつがいると何かと便利なこともあるんで、まあ好きなようにさせていたんだ。 ...
  • ただね、秘書っていう肩書にしておけば、何かと便利だと思っただけ。 ...
  • 船員の中に一人でも中国人がいれば、密航者には何かと便利だからね。 ...
  • しかしながら、実際に使用するには郵便局のほうが何かと便利だ。 ...
  • ここは秋葉原の電器街に近く部品を購入するには何かと便利だ。 ...
  • 免許は確かに持っているが、仕事に使う道具となると早くから慣れ親しんでおいた方が何かと便利だろう。 ...
  • 助手にするなら、捜査一課の人間の方が何かと便利なはずです。 ...
  • 仕事用のバッグは、両手が自由になったほうが何かと便利なため、肩から斜めに掛ける。 ...
  • ロクソンには日本人の子孫が三千人もいたので、シロオテにとって何かと便利であった。 ...
  • 「これ以上お世話になるのも心苦しいですし、研究所の寮の方が何かと便利なことも多いですから」 後半部分も嘘というわけではない。 ...
  • 「死体の処分などもありますから、こちらの方が何かと便利なんですよ」隣でハンドルを握る中年の男はそう言った。 ...
  • 近くにいるけれど、しょっちゅう来るわけにもいかないから、空き部屋があれば、そこに俺が住んだ方が何かと便利だからと、殊勝なことをいい出した。 ...
  • 馴れた奴の方が何かと便利だと思うよ、俺は。 ...
  • ホンダ独特のこうしたシステムは、役員室のコンセンサスを作る上で何かと便利だった。 ...
  • 車も、克子が、 「何かと便利でしょ」 と、買ってくれたものだ。 ...
  • 日本国籍を取ってからは、逮捕されても中国へ強制送還されるようなことはないから、雇うほうにとっても何かと便利であった。 ...
  • 次へ