何かと云

29 の例文 (0.00 秒)
  • それは何かと云へば、冬の月夜は少しも凄いものでないといふことである。 ...
  • それは何かと云ふに、政府を相手にしたが一生の誤りなりヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ
  • それなら舞台に代るものは何かと云へば、そんなものが外にある筈はないのであります。 ...
  • 然らばその生み出された思想とは何かと云へば、それは愛だ。 ...
  • 然らば頼むべきものは何かと云へば、殘るところは唯「自然」のみである。 ...
  • 褌とは何かと云ふと其当時の『軍衣』で今日の軍服に相当する。 ...
  • それでも、目にあまるので何かと云ふと廃嫡といふ言葉を口にするのだつたが、効き目はなかつたやうである。 ...
  • 何かと云ふと彼の女は、袂で顔を蔽うてしくしくと泣いた。 ...
  • 之は何かと云ふと、教育と云ふものは程度を定め、之れ以上進んではならぬと云つて、チヤンと人の腦膸を押へ附けることの出來ないものであるからだ。 ...
  • では言水の特色は何かと云へば、それは彼が十七字の内に、万人ばんにんが知らぬ一種の鬼気ききりこんだ手際てぎはにあると思ふ。 ...
  • 先生は何かと云ふと激昂された、詞に角を立てた。 ...
  • 其同じきところは何かと云へば第一精神である。 ...
  • それならば、作品の「根本的価値」を左右するものは何かと云へば、この問題に対する作者の「興味のもち方」である。 ...
  • そして私の我儘も割合に何かと云はないでゐる。 ...
  • 然らば後来起るべき弊害は何かと云ふに貧富の間に一大戦争が起る。
  • 其れは何かと云へば巴里パリイに於る下級な一般商家、一般工場の婦人等及ぴ仏蘭西フランス田舎ゐなかに於る一般の婦人等である。 ...
  • それで此の篆隸萬象名義と云ふ本は何かと云ふと、是は支那の字引の拔書であります。 ...
  • 次へ