何かと世話

73 の例文 (0.00 秒)
  • 実際私は彼に二三度金を借りたことがあったし、母も生存中何かと世話になったのだった。 ...
  • ここにいるのは雁には何かと世話になった者ばかりだ。 ...
  • そのとき、何かと世話をしてくれたのが高石である。 ...
  • 婆さんは何かと世話を焼いて、なかなか部屋から出て行こうとしなかった。 ...
  • エスパー記者はサイゴン在住十年以上、私も何かと世話になった相手である。 ...
  • しかも、このとき、何かと世話になった新庄に相談をもちかけたということも。 ...
  • そこから通学を始め、親友は始終訪ねて来て何かと世話をやいてくれました。 ...
  • もう百年以上も前から、一族には、何かと世話になってきたし、この先も世話になるかも知れない。 ...
  • それをどうして語る気になったのかと言うと、これは実はとても単純な話で、今まで何かと世話になっていた、担当編集者の寿退社が決まったからである。 ...
  • 去りぎわ、何かと世話になった彼に、礼と別れの挨拶にいった。 ...
  • 何かと世話を焼いてくれる近所の人も大勢いる。 ...
  • 「おっちゃんにも、何かと世話になったな」心では全く思っていないことを雅也はいった。 ...
  • 面倒見の良い性格で、日本から一人でヨーロッパに渡ってきた片山敬済に何かと世話を焼いたのがアンダーソンであった。 ...
  • 秀麗殿たちには何かと世話になったからな。
  • フランシアもこの王女さまのために部屋をととのえてやり、何かと世話をしたり相手になってやったりしている。 ...
  • 庸介の父は、昔から虎ノ門に事務所をもつ弁護士で、船山家も父の代から何かと世話になっていた。 ...
  • 李は口では別所をいろいろやっつけながら、別所のために何かと世話をやいていた。 ...
  • 次へ