何かと不便

36 の例文 (0.00 秒)
  • 病院と自宅が分かれて悠子は大喜びだが、父には何かと不便なことが生じるらしい。 ...
  • しかし、病院では何かと不便ということで、沼田の山荘に移したのだ。 ...
  • 長途の自動車旅行に何かと不便を痛感した一行は、車を返して汽車を選んだ。 ...
  • 庸三の部屋へ入って来るにしても、朝から晩まで彼のそばに居きりにすることは、何かと不便であった。 ...
  • この時代で生きていくには何かと不便が多くて。
  • 寄りかかることができるもの、風よけになるもの、そういうのがないと何かと不便です。 ...
  • 古い部分は、建ててから三百年以上もたっているというこの家の暮らしは、住んでいる人にとっては何かと不便で、厄介やつかいなところが多かったであろう。 ...
  • たすけてくれた人間の名前も聞かずにいるのは、失礼であり、それにこのように連れだった形になると、何かと不便である。
  • 蓮見君を連れて来ていなかったのが何かと不便だけど、こっちの支店の連中が何くれとなく気配りしてくれてね。
  • 詳しくは触れて来ないが、無人の自宅から通っては何かと不便だろうとホテル住いをすすめた。 ...
  • そんなことが獨學者には何かと不便が多かつた。 ...
  • さらに専務は、子供がいると何かと不便だからと言って車を買うこともアドバイスし、顔見知りの業者に引きあわせてもくれた。 ...
  • まず、いつもの通りマンションで目覚めるのに比べると、何かと不便なのはむを得ない。
  • 主人は、女ひとりでは可哀想だ、何かと不便なこともあろう、そのときは力になってあげなければいけない、と言い、よく伊原さんの奥さんの家に行くのです。
  • 今はハイヤーを使っているはずだが、やはり何かと不便だという感想は、松永もらすことがあった。 ...
  • 練馬の部屋が何かと不便になり都心近くに移ることを決意したものの、なかなか新しい部屋が見つからない。 ...
  • 広い家では、やはり何かと不便なのである。 ...
  • 次へ