体調を崩しがち

17 の例文 (0.00 秒)
  • 彼の父親は、ここのところずっと体調を崩しがちだったという。 ...
  • このとき、アレクサンドル3世は自ら家族を守って屋根を支え、怪我を負ったことで体調を崩しがちになった。 ...
  • また、かねてから常用していたミグレニンの服用量が増えたため体調を崩しがちになったのもこの頃である。 ...
  • 母親が歳をとってきて夏になると体調を崩しがちであったことや、私自身も気分転換と落ち着いて原稿が書ける場所がほしかった。 ...
  • 三善が担当しなかったのは、桐朋学園大学の学長であり多忙で体調を崩しがちだったためである。 ...
  • しかし、人気に伴う多忙さから体調を崩しがちになり、当時芸能界で蔓延していたヒロポンにも手を出すようになって、人気に陰りがみえ始める。 ...
  • その後体調を崩しがちになり、長らくパリ近郊ムードンの病院に入り1997年に94歳で死去した。 ...
  • しかし外務大臣としての激務からその頃から体調を崩しがちになり、1929年に脳卒中のため急死した。 ...
  • 近年では体調を崩しがちであったが、2020年4月6日、新型コロナウイルスに感染し、ロンドン市内の病院に入院したことが明らかになった。 ...
  • また、一緒に桜を植えに行った運転士の話だと、彼は給料をほとんど桜につぎ込んでいたこと、同時期に体調を崩しがちで病休が多いことも、給料に反映されていた。 ...
  • 晩年は体調を崩しがちになり作品発表数も次第に減って行き、2004年10月12日、肝硬変により死去。 ...
  • 同じ頃、心筋梗塞を患い体調を崩しがちになった花山は取材旅行を強行するが、旅先で倒れ病院に搬送される。 ...
  • その後もテレビやラジオにコンスタントに出演を続けたが、1970年代に入ると体調を崩しがちになり、1977年8月19日、ロサンゼルスにおいて肺炎で死去した。 ...
  • ジュールダンは長らく敗戦が続いた為に体調を崩しがちになり、同年にはライン方面軍の指揮権をマッセナ将軍に委譲した。
  • ピッティの死から約100年を経た1550年頃、初代トスカーナ大公であるメディチ家の当主コジモ1世が、体調を崩しがちになった妻エレオノーラ・ディ・トレドのためにピッティ宮殿を買い取った。 ...
  • 第二次世界大戦終結後、体調を崩しがちになった夫のジョージ6世は1952年2月6日に56歳で崩御し、エリザベスは51歳で未亡人となった。 ...