体を切り裂か

20 の用例 (0.00 秒)
  • 体を切り裂かれても、まだびっくりしている余裕があったのか? 赤川次郎『MとN探偵局 悪魔を追い詰めろ!』より引用
  • するとすぐに他の二、三人が仕事にとりかかり、料理するためにその男の体を切り裂きはじめた。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • 手足は重くて感じなかったけれど、やはり、私の爪は彼の体を切り裂いたのだ。 奈須きのこ『MELTY BLOOD 幻影の夏、虚言の王』より引用
  • 寒さはますます厳しさを増し、体を切り裂いて精神に達した。 クーパー『(闇の戦い1)光の六つのしるし』より引用
  • それが灰になってゆくのを見るのは、自分の体を切り裂かれるような悲痛な心境だった。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • ライオンの姿のまま若者は竜の体を切り裂いて開けてみるとなんと竜の死骸から野うさぎが出て逃げていった。
  • その泣き方は、彼女の体を切り裂いて、中から何か無理矢理に引き出しているような感じがした。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』より引用
  • 鍵を得るには相手の体を切り裂いたり、体内に手を突っ込んだりと、強引な手段を使わなければいけない時もある。
  • アスナの剣尖は宙に無数の光の帯を引きながら恐るべき速さで次々とクラディールの体を切り裂き、貫いていった。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • 彼らの神が現世に降臨するとき、そのやいばは彼らの体を切りき、その毒は彼らの体をむしばみ、そのほのおは彼らの体を焼き尽くすだろう。 古橋秀之/鋼屋ジン『斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲』より引用
  • ウサギたちは、どれも鋭利な刃物で体を切り裂かれていた。 椹野道流『鬼籍通覧5 禅定の弓』より引用
  • 刃物で体を切り裂かれるときになって、もう少し用心しておけば良かったと思ってもおそいのである。 赤川次郎『霧の夜にご用心』より引用
  • 影の先が二つに割れ胎児を捕らえると、躊躇ちゆうちよすることなく柔らかな体を切り裂いていく。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 至誠は、メスの柄で冴子の体を切り裂く真似まねをしたり、扼殺やくさつする真似まねをしたりしているうちに三度スキンのなかに放ったが少量ずつであった。 大藪春彦『非情の女豹』より引用
  • 冬の突風が体を切り裂いてゆく。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • 左右に割れた船体は、体を切り裂かれた鷲たちといっしょに墜落し、その残骸とみどりの死体は、はるか彼方の青い海に吸いこまれるまで、長いあいだ見えていた。 P・J・ファーマー『階層宇宙の危機』より引用
  • マーテルは、ヘイバーマン手術を受ける前のこと、〈空のむこう〉に適するように体を切り裂かれる以前の日々を、思い出そうとした。 コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 槍の雨は体を切り裂き、血しぶきが舞う。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 鎧もろとも、信玄の体を切り裂くつもりであった。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • このナイフはパワードの体を切り裂くほどの切れ味を持ち、投擲武器としても使用可能で、ストライクビートルを撃墜する。