佐々木幸綱

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 佐々木幸綱は、『憂国』における武山中尉の家の1階には日常があり、2階には非日常があると分析しながら、その「反発する両極を引き寄せる何か」は、「〈絶対〉的な力を持った何か」でなければならないとし、三島はその〈絶対〉的な力を持つ何かとして「片恋」を想定したと解説している。
  • 本名は佐々木幸綱で、祖父、父に倣って「佐佐木」を称する。 ...