住みつくよう

43 の用例 (0.00 秒)
  • とう州に駐箚ちゆうさつを命じられてきてから、兄弟ふたりでここに住みつくようになった。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(四)』より引用
  • 平安時代には住居を構え住みつくようになったと考えられる。
  • 祖母も絵が好きでしたからすぐ意気統合して、とうとうここに住みつくようになられたんです。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • なぜここに住みつくようになったかもわからない。 近藤紘一『サイゴンのいちばん長い日』より引用
  • 若いおりは、比叡山で学問をしていたのだが、自然ここに住みつくようなことになってしまった。 益田勝実『火山列島の思想』より引用
  • 私の食事係のバー・バーは一家とは赤の他人で、いつ、どうしてこの家に住みつくようになったかもわからない。 近藤紘一『サイゴンから来た妻と娘』より引用
  • じっとしていられない性分で、一つところに住みつくようなまねはできなかったのです。 ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 冒険編』より引用
  • 暗い穴を落ちるようにして着いたのが東の荒れ地で、それからセレウコアに住みつくようになり、四十年がたってます。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン3 極彩の都』より引用
  • 壊れた機械のように同じ動作を続けていくと、大神の頭の中には漆黒の静寂が住みつくようになった。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用
  • 狐は付近に住みつくようになり、グルームの膝の上で眠るほどに懐くようになった。
  • そしてロイはいつのまにかブレナンの屋敷に住みつくようになった。 小池真理子『第三水曜の情事』より引用
  • また蛮人島には再び人間が住みつくようになり、あの眉唾な予言の信仰はさらに堅固なものになっているとか。 セルバンテス/荻内勝之訳『ペルシーレス(下)』より引用
  • さて、これらのどの領域にもそれぞれ固有の住民が住みつくように、まず天上界には、星たちと神々が座をしめた。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(上)』より引用
  • テーマパークに住みつくようになった失業者たちが、どこからか電気を引っ張ってきて死んでいたシステムを再起動させたのだ、とか、今では正体不明の人物がそこを王国として支配している、とか。 北野勇作『人面町四丁目』より引用
  • 有馬は裏六甲といわれる文字どおりの山間だったが、ここに人が住みつくようになったのは、かなり早くからであったらしい。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 06』より引用
  • この沂嶺街道は、あの虎が頂上に住みつくようになってからまるまる四五ヵ月というもの、誰も越えたものはいないんだ。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(三)』より引用
  • 諸侯や聖職者の保護を受けた楽師たちは遍歴をやめ、宮廷や教会などに住みつくようになった。 阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』より引用
  • しかしリンが住みつくようになって以来、防衛力は格段にアップし、今のところ全戦全勝だった。 岩井俊二『スワロウテイル』より引用
  • その間に日本ではキリシタン禁止令が発布されてしまい、一行のうち数名は帰国せずにコリアに住みつくようになり、その子孫がハポン姓を受け継ぐことになった。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • ここに住みつきてえと思ったって、住みつくような仕事がねえだから、だめだよ。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • 次へ »