低い

全て 形容詞
40,515 の用例 (0.02 秒)
  • たちまち高くたちまち低いその震え声は笑っているようにさえ聞こえた。 有島武郎『或る女』より引用
  • ところが、第三の窓の近くには二人の紳士が立って低い声で話していた。 原田義人『火夫』より引用
  • 雲の方がだんだん低くなり、太陽との間が大きくなってゆくようだった。 豊島与志雄『絶縁体』より引用
  • 「実にうまくゆきましたよ」と三十分もの沈黙の後に彼は低声こごえで言った。 平林初之輔『動物園の一夜』より引用
  • お吉が案内に立ち、戻って来て茶の用意をしているるいに低声でいった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 02 江戸の子守唄』より引用
  • など低く口に出して言ってみたりして、床の中で輾転てんてんしているのである。 太宰治『母』より引用
  • 同じ咒式じゅしきでも系統がちがうものは低階位ですら使役しえきするのは容易ではない。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』より引用
  • 彼女はただぼんやり目を見開いたまま何にも見ず、ただ低く泣いていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 州成立のための住民投票で投票率が低かったことは多くの要因があった。
  • 質を置いてでも食おうというのだから、身分の低い人たちであったろう。 北大路魯山人『いなせな縞の初鰹』より引用
  • 紙に刷った何かを一枚づゝ、五六人の子にわけて低い声で話をしてゐた。 知里幸恵『日記』より引用
  • 特に日本では金型の製造コストが比較的低かったこともあって例が多い。
  • 即ち何かそれだけ不完全な至らない低度の知識のことではないのである。 戸坂潤『科学論』より引用
  • そして子供たちを腹這はらばいに寝させて、自分もからだを低くしているのだ。 ルナール・ジュール『博物誌』より引用
  • その或る所という標準を非常に低くとれば、これは誰でも俳優になれる。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • 彼はそこでかなり長い説明を聞き取っていたが、やがて低い声でいった。 原田義人『城』より引用
  • この時先生はやっとほんのすこうし笑って一段声を低くして云いました。 宮沢賢治『ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記』より引用
  • そこからも、当時の業界の自己評価がどれぐらい低かったかがわかるわ。 ジョン・ヴァーリイ『ブルー・シャンペン』より引用
  • ああそう、言っておきますが憑依ひょういなんて低レベルの術じゃありませんよ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第07巻 涙の秘密をおしえて』より引用
  • 更に低く女の声がしたやうであつたがそれはちつとも分らなかつた。 長塚節『隣室の客』より引用
  • 次へ »