位相変調

31 の用例 (0.00 秒)
  • 白黒テレビに音声を周波数変調で多重し、そして色副搬送波を位相変調で多重するために、考え抜かれた方式である。
  • コイルのタップ切替による位相変調方式で、円筒の中をプロペラのようなパーツが回転し、周囲に設けられた16個のコイル・タップを切り替えて位相遅れを変更し、周期的に音程を上下させる。
  • 位相変調の一つである。
  • ファミコンディスクシステムに採用されたFDS拡張音源は、波形メモリを土台としながらも位相変調によるFM的な周波数の変調が可能である。
  • このパルスの変化を入力信号として、上述の振幅変調、周波数変調または位相変調をする方法もある。
  • ファミコンディスクシステムに採用されたFDS拡張音源は、 波形メモリを土台としながらも位相変調による FM的な周波数の変調が可能、 変調により出力波形を生成、などの特徴があり、独特のサウンドを持つ。
  • 信号の振幅と位相がわかれば、振幅変調、位相変調、周波数変調、あるいはそれらの組み合わせなど、どのような変調方式の信号も処理することができる。
  • 変調方式には、入力音声信号で搬送波の振幅を変化させる振幅変調、周波数を変化させる周波数変調、位相を変化させる位相変調などがある。
  • 自己位相変調は非線形光学現象の一つ。
  • デジタル信号を位相変調する方式はPSK()と呼ばれ、複素平面上に絶対的な位相の座標を割り当て、変調データに応じて、割り当てられた位相の座標を飛び回る。
  • 直角位相振幅変調は、多値のASKを直角位相変調することで、位相変化と振幅変化を組み合わせた変調方式である。

位相変調 の使われ方