位相変調

31 の用例 (0.00 秒)
  • ドラムへのデータ記録は位相変調方式であり、今ではと呼ばれている。
  • 一部の国では、位相変調を用いたステレオ放送、デジタル化対応が行われている。
  • 他にも搬送信号の位相を変化させる位相変調などが使われる。
  • 位相変調とは、情報を搬送波の位相の変化で伝達する変調方式である。
  • アナログ信号を位相変調する方式は、相対的で連続した位相変化で情報を伝達する。
  • QAM変調は、振幅変調と位相変調の組み合わせであるの一つである。
  • パルス自身の強度に比例した位相変化が生じるので、この現象を自己位相変調と呼ぶ。
  • 位相を時間微分したものが周波数なので、自己位相変調により周波数が変化するといえる。
  • 位相変調式の秘話装置の試作機は戦争末期に侍従武官府と大本営陸軍部の間のVHF無線電話施設で付加的に使用された。
  • アナログ信号の位相変調は変調信号を時間微分して周波数変調したものと等価である。
  • 自己位相変調が異常分散ファイバの中で生じると却ってパルス幅が短くなるが、これは群速度分散と正反対の効果にあたる。
  • アマチュア無線や業務無線で広く使われているアナログFMは、変調信号が時間微分されているので、正しくは位相変調である。
  • そのため、位相変調に振幅変調も加えることでより多くの信号状態を持たせた例が直角位相振幅変調である。
  • 光ファーバー中のパルスのように長距離にあたる伝播では、断面積あたりの光エネルギーが大きくなるため、自己位相変調などの非線形効果が無視できない。
  • 振幅変調が一定の変調度で振幅を狭めることで信号を表現するのに対して、PJMは非常に小規模な位相変調と言える。
  • 円上に並べるだけでは8つ程度の位相状態より多くを配列しようとすると互いの信号波形が類似してしまい、微小なノイズが信号路に混入するだけで受信側では判別不能となるため、位相変調だけでは余り多くの信号状態を詰め込めない。
  • DWDMネットワークで位相変調から振幅変調への変換に使われる遅延線干渉計の原理としても使われている。
  • 自己位相変調によりスペクトルが広げられた光パルスはフーリエ変換により時間幅が短くなり、伝播と共にパルスが細く長くなる。
  • 陸軍で移動式無線電話の秘話装置研究が始まったのは1932年からで、音声を録音し時間反転させるもの、音声周波数反転にキャリア周波数をのこぎり波で変動させる方式を組み合わせたもの、音声波形に位相変調を加えるもの、帯域を分割して入れ替えるものなど、様々な方式が検討・試作された。
  • パルス位置変調・パルス位相変調は、一定幅のパルスの位置により、波形振幅を表し・生成するものである。
  • 次へ »

位相変調 の使われ方